仙台猿員

健全なブログを心がけます

NNコンフィデンシャル

sendaisaruin.hatenablog.com


前回更新した↑の記事の流れから、本日は↓の記事以降に購入したnonnativeのアイテムを紹介してまいります。

sendaisaruin.hatenablog.com


緊急事態宣言が全国に拡大し、5月中旬までの全ての予定が立ち消え、不承不承ながらホームにステイせざるを得ない状況でもなお、従容として人生の投影を続けているリーちゃんのポリシーやフィロソフィーというものをね、はい。こんなときも、こんなときでも、僕が僕らしくあるために…。

f:id:sendaisaruin:20200325191218j:plain
・DWELLER S/S TEE COTTON JERSEY OVERDYED
ということで、宣言通り2枚目のNN-C3717。ホワイトの2。1枚目は郡山でしたが、2枚目は大宮から。僕のnonnative通販御用達店舗ツートップの一角。いつもお世話になっております。で、3月末に20周年を記念した10%オフ&10%ポイント還元キャンペーンがあり、これ幸いとばかりに購入しました。まあ、たかが10%オフと思われるかもしれませんが、無駄に13000円もするTシャツが1300円も安く購入できるならアレでしょう。さらにキャッシュレスで還元される5%分もプラスすると、実質約2000円もお得になりますからね。ついでに10000円以上で送料も無料とくれば、ええ。当初は4月に入ってから購入するつもりでしたが、この機宜に購入しない手はない。

2枚目なので特にこれといった感慨や感想はないものの、やはり今シーズンより改変された首周りと袖の長さはマジで絶巧ですね。だから3枚目の購入も検討中です。ホワイトの2に関しては、まだ新潟と京都に在庫があるので。今週発売のNN-C3740でもいいけど。

f:id:sendaisaruin:20200430211111j:plain
・DWELLER 5P JEANS USUAL FIT C/P CORD
今シーズン2本目のUSUAL FITです。品番はNN-P3723。本命視していたアウターのサイズが合わなかったことで、確実性と着回し重視の無難路線に切り替えて購入。アウターに固執して無理に深追いし続けた結果、最終的に何一つ残らなかった19SSでしたからね。傷口だけ広げまくった昨年の反省を活かした格好。

冒頭のリンク先の記事で20SSはUSUALの入荷店舗が増えたことに言及していますが、このNN-P3723も確認できる範囲で4店舗とまずまずの入荷ぶり。しかしブラックの2はどこにも入荷がなく、結局直営のカバーコードに注文という。僕がそうであるように、全国的に見てもUSUALは2のユーザーが一番多いはずなので、0と1だけでなくしっかり2まで用意しておけやボケがって感じです。いや、それよりも股上ズドバーンな緩いボトムにばかり注力しないでUSUALの型数自体を増やせよって話ですね。もっと。今シーズンのDWELLERのイージーパンツが大して売れていないのはすでにユーザー飽きられている証左なんだし、今こそ時代にもトレンドにも左右されないUSUALに原点回帰するべきでしょう。そもそも16SSまでのDWELLER 5P JEANSのオリジナリティーアイデンティティーを受け継いでいるのがUSUALなんだから云々。

キチガイUSUAL原理主義者はさておき、この3723もインスタに投稿したら幾つかいいね!を頂けました。この場にて御礼申し上げます。それでこう、僕としてはブログを読んでくださっているものだと勝手に解釈してもいます。個人のユーザーを一切フォローせず、貰うだけ貰っていいね!を返すことも一切しない、そんな冷酷無比極まりない孤高気取りのゴミクズ野郎の投稿にわざわざハートマークをタップしてくれるなんて、と。ありがたいですね。でもフォローは一切しませんし、いいね返しも一切しません。ことインスタではそういったルールを設けているので、あしからず。だからブログで表しますよ。感謝の意。

それにしてもこの御時世を反映してか、#nonnativeでは購入報告的な投稿も減りましたね。もとからそこまで多かったわけではありませんが、如何せん自粛傾向。その一方、販促での店舗側からの投稿が一気に増えました。やはり気軽に店舗に足を運べない分、インスタならではのスピーディーな入荷情報やコーディネート紹介は助かります。ただnonnative以外のブランド紹介で#nonnativeがタグ付けされていると、ちょっとアレですよね。どことは言いませんが。nonnativeと親和性が高かったり、関連が深いブランド等ならまだしも。YOKEとかDAIRIKUってさあ、水と油じゃん。興味もクソもない。尤も、そちらのユーザーからしてもnonnativeとか興味ねえって感じでしょうけど。まあ、どことは言いませんがね。北陸の。あとSTUDI〇Sからの投稿も増えましたが、どいつもこいつも凄惨なコーディネートばかりで草も生えません。さすが悪評だけ高いSTUDI〇Sです。

さしあたり穿いた感想としては、安心安全安定のUSUALでしたね。完璧なジャストフィット。また、薄手のコーデュロイでオールシーズン対応可能。気になっている方は是非。

f:id:sendaisaruin:20200430211108j:plain
・WOKER BELT COTTON TAPE WITH COW LEATHER
↑の3723と同時購入したベルトです。品番はNN-BL3701。ベルトの購入は18AW以来ですが、手元に残ったという意味では17AWぶりになりますか。耐久性のあるコットンテープと経年変化が楽しめるカウレザーのコンビネーション。実にnonnativeらしいシンプルなベルトです。

これで13000円という価格はやや割高やもしれませんが、実際ベルトって一番使うからアレでしょう。ベルトループを有するボトムを穿く場合に於いては、ほぼ確実に。タックインでもしない限り、あまり堂々と見せるものではないから盲点になりやすいのですが、実はお気に入りのアウターやTシャツやボトムよりも圧倒的に出番が多かったりするという。それこそ僕の場合、ボトムス全体の8割をUSUALが占めていますからね。ええ、そういったわけで価格的には納得しています。むしろ同価格のTシャツの方がおかしい。2枚購入しているけど。

小ぶりなスクエアタイプのリングですので、装着しても出っ張りは少なめ。長さは3723でまず一周した後、折り返して2つ目のベルトループに収まる按配。垂らすこと前提で長めに取られているベルトが苦手な方に推奨です。

f:id:sendaisaruin:20200430211114j:plain
・DWELLER S/S TEE COTTON JERSEY OVERDYED
これまたまた通算3枚目のNN-C3717です。ホワイトではなくグレーをチョイスしましたが。そして郡山→大宮ときて、今度はnonnative通販御用達店舗ツートップのもう一角である新潟から溜まりに溜まっていたポイントを使用して格安で購入。それと5chのスレでは全く話題になりませんでしたが、地方ディーラー全店舗のカートインが解禁されてからカートイン購入した第1号でもあります。

ホワイトオンリーのマンネリ化を回避しようと購入したグレーですが、実物はもう少し明るめのグレーだと思っていたんですよ。nonnativeの商品画像に関しては結構詐欺的なところがあるので。しかしいざ手元に届いたら商品画像とそこまで違わない、特殊なオーバーダイ加工ならではのオリーブ寄りのグレーでした。うん。想定外。とはいえ、3723ブラックとの相性は抜群ですし、大体毎回いつもインナーホワイトおじさんからの脱却にも打ってつけ。生地やシーズンに差異があっても、気に入って何枚も所持している事情があっても、どのみちホワイトを着用していては「(こいつ会う度にいつも同じTシャツ着てんな…)」ってなりますからね。そして僕自身も「(いつも同じTシャツ着てるわ…^^)」となってしまうので、やはり変化は必要。

それでも
結局ホワイト至上主義に落ち着いてしまい、あまり出番に恵まれなかったとしたら普段着でアレですかね。サイズ感そのものを気に入っての通算3枚目でもあるので、あえて放出せずに。YES。

f:id:sendaisaruin:20200430211105j:plain
・WORKER SHIRT JACKET COTTON TWILL PLAID PRINT
最後はシャツジャケットです。品番はNN-SJ3705。シャツ全般の着丈の長さに辟易し、17AWを最後にnonnativeではシャツ類を購入していなかったリーちゃんですが、ここにきてシャツジャケットを購入しました。

発売直後の2月に試着した際はそうですねー、そもそも19AWから登場したシャツジャケットにまだ懐疑的だったこともあり、袖を通してもいまいちしっくりきませんでした。「シャツジャケットとかいって無駄に価格上げて売るぐらいなら、定番のシャツ類の着丈を14SSぐらいの頃に戻せよボケがFUCK^^」と。ところが必要火急の用事ついでに久々に店舗に顔を出し、何の気なしに改めて袖を通してみたらすげーしっくりきたので購入。何でしょう、2月時点ではまだイメージが湧かなかったり、ビジョンが浮かばなかったのだと思います。着用しているイメージやビジョン。寒いし。シャツジャケットにも懐疑的だし。しかしそれが4月になると、これから5月や6月に向けてTシャツの上から気張らずに着用しているイメージやビジョンが明確に云々でしっくりきたわけです。前後で異なる裾の形状、そしてnonnativeではお馴染みのダブルジップも購入の決め手でしたね。

カラーはグレーです。

3705はベージュ、ブルー、オリーブ、グレーの全4色展開でしたが、とにかくブルーの人気が凄まじくてですね。同様に4色展開されたスタンドカラーブルゾン、スモック、コーチジャケット的シャツジャケット、ボタンダウンシャツ、イージーパンツでもやはりブルーが断然人気という。確かに4色の中では最もアイコニックですが、うーん、個人的にはベージュが一番好きです。

で、仙台でもブルーの入荷はあったものの、2月に来店した時点ですでに完売しており、もはやグレーしか選択の余地がなかったという話。でもまあ、目下人気で流通しまくったブルーは他者と被ってしまう可能性が高いので、そう考えるとグレーで正解だったかもしれません。はい。とはいえ、グレーもグレーでブルーに次ぐ2番人気だったりしますが、一目でそれとわかる鮮烈なブルーよりも幾分地味でナードっぽい色合いですからどうでしょう。もしかすると、いざエンカウントしても互いに被っていることに気付かなかったり…。いや、さすがに気付くか。

サイズは1です。

ドローコードを絞ってシルエットを調節することができるので、おそらく2でも問題なく着用できたとは思います。だけどリーちゃんは1を選びました。そもそも4月時点で1しか選択の余地がなかったという話ですが。ただし、1でも結構身幅広め。袖丈も長め。タイトに着るか、ルーズに着るか。ドローコードを絞らずにそのまま着るか、ドローコードをギュンギュンに絞って着るか。各々の好みの着方に合わせてサイズをお選びください。

もともと好んでチェックシャツを着用するタイプではないのですが、やはりカジュアルというかフランクともいうか、タウンからローカルまで利便性が高いから結構アレですよね。それで緊急事態宣言解除後の来月7日からガンガン着用していきたいところでしたが、どうやら解除されずに延長される方向性のようで…。


そんなこんなで新たに購入した分を紹介してまいりました。

まあ、大手を振って紹介しづらいタイミングではありますが、月間1000PV程度のマイナーブログでならコンフィデンシャル的に紹介しても宜しいかと。営業しているパチンコ店を調べて開店前から並んできましたとか報告するよりは心証も悪くないでしょうし、ええ。

そして20SSのここまでの途中経過としてはそうですね、現時点では15-9ですか。購入15点に対して、残っているのが9点。ええ、全て紹介しました。一方で放出した6点の内訳はというと、サイズミス4点、似合わないが1点、その他が1点でしょうか。放出に次ぐ放出でもはや地獄絵図の様相を呈していた19SSを思えば上々の数字。購入している張本人が面白味に欠けると感じているぐらい、定番アイテムを中心に購入している影響も大きいですが。

ともあれ来月からは夏に向けての必須アイテムを揃えていく予定です。

ショートパンツ、サンダル、ウエストバッグ、Tシャツ等々、夏を制する者だけが恋を制するもう覚悟を決めちゃうには早めの準備がアレですからね。とりあえず夏場にまでマスクをして出歩くような事態にならないことを願って、草々。