仙台猿員

健全なブログを心がけます

30ヶ月は僕の嘘

あれは1月初旬に開催された中学校のクラス会でのことでした。
僕の左隣に座っていた幹事(♂)が不意に過去のブログについて言及してきたのです。

「リーモさ、そういえばブログやってたよなー」

「ああ、やってたね…^^」

「懐かしいなー、よくコメントしてたっけ」

「ああ、コメント貰ってたわ…^^」

「今はやってないの?」

「そうだね、今はブログもSNSも何もやってないよ…^^」

ええ、僕は嘘をつきました―。ブログもSNS(インスタ)もやっています。でも、やっていないと嘘をつきました。そして2017年の7月からひっそり始めたこのブログの存在も秘匿しました。頑なに口を閉ざしました。それはどうしてかと問われると、だってもう30ヶ月も経過していたら今更じゃないですか。30ヶ月ですよ、30ヶ月。6ヶ月や12ヶ月そこらならまだしも、さすがに30ヶ月では今更が過ぎるし、改まって御丁寧に教えるまでもないでしょう。はい。

しかし30ヶ月ですか。長い。いつまで続くのかは僕自身にもわからない。

まあ、どの記事もカテゴリー問わず基本的に1話で完結している形式ですから、巻数の多い漫画のように最初から読まないとストーリーを理解できないシステムではありませんし、肝心の内容もマザーファッキンでスクリーモビッチだった過去のブログと殆ど大差ないアレです。強いて挙げるとすれば、文章がだいぶ淡泊になったことぐらい。あとは20代の頃より若干先鋭化していますかね。色々と。全般的に。だからこう、いざブログの存在を教えれば初期の記事まで遡って読んでくれるでしょうし、そもそもが若さゆえの勢いで暴虐の限りを尽くしていた過去のブログ、ひいては僕というクソメガネ野郎を相当熟知している人物でもある。つまり耐性があるともいうか、このブログの存在を教えても差し障りがなく、むしろ進んで教えるべき人物だったりもする。だけど、僕は教えなかった。嘘をついた。そうですねー、これまでガチのマジで誰にも教えずに30ヶ月続けてきた矜持もありますし、やはりちょっと憚られますよ。それと完全にサシで会って話している状況ならまだしも、過去でも現在でも僕のブログの存在自体を知らないクラスメイトが複数いるような場面でしたからね。端から教えるつもりはなかったとはいえ、これではますます秘匿に拍車もかかる。実際に↑のセリフで「ああ、やってたね…^^」と言った直後、正面に座っていた奴が「えー!ブログやってたの?」とか会話に乱入してきたので、ええ。ちなみに右隣に座っていた人物も僕の過去のブログを知っていましたが、やはり規模の大きい宴席では殊更BADでDANGERですし、すでに30ヶ月も経過して今更だから自力で発見してくれといった次第。

というか、僕から教えなくてもいずれ自然に辿り着けると思いますよ。当日の幹事、ちゃっかり18AWのnonnativeのプリントTシャツを着ていたので。うん。左隣に座っていた時は全くわかりませんでしたが、トイレから戻ってきた際にたまたま空いていた幹事の正面に座った瞬間、見覚えのあるプリントが急に目に飛び込んできたわけです。そして「おい幹事、それnonnativeじゃねーか^^」と。約5年前のクラス会でも13AW辺りのピーコートを着ていましたが、本人曰く、結婚した今でも機を見て購入しているとのこと。サイズ2でもキツいとか言っていましたが。そう、14年前に既に"仙台nonnative四天王"の一角を担っていたガチ勢の僕ほどではないにしろ、この幹事も昔からnonnativeを着ているのです。いわばエンジョイ勢。だから気になったアイテム名とか品番とか、それこそ"nonnative 仙台"で検索すればマイブログがすぐに表示されるって話ですよ。仙台でリーモという名前でブログやっている奴なんて、まず間違っても僕しかいないから。内容的にも、文章的にも、それ確実にアイアムアリーモだから。本当、幹事には自力で発見してほしい。学年でもトップクラスだった優秀な頭脳で以て。そして次のクラス会では「リーモさ、オマエ実はブログやってるよね?」と問いかけてきてほしい。そうしたら僕は満を持してイエスと答えるので。とはいえ、他都道府県に在住の方ならともかく、仙台に住んでいる人間が"nonnative 仙台"って検索しませんよね。わざわざ。


あれは2020年を迎えてから40分後ぐらい、中学校時代からの友人であるMSYとSZKを乗せて鹽竈神社に向かっている車中でのことでした。

SZK「2008年とか何してたか全然覚えてねーわ、せいぜい新潟にいたってことぐらいだね」

MSY「だよねー、2008年かー。12年前だから24歳、若かったわ…」

リーモ「2008年だと僕はとにかくブログとmixi三昧だったね^^」

SZK「んだなー、そういやリーモも随分長くブログやってたよな」

MSY「懐かしいね」

リーモ「そうだなー、我ながらよくやってたわ。まあ、今はブログもSNSも何もやってないけど…^^」

僕はまた、嘘をついていました―。御存知の通り、ブログもSNS(インスタ)もやっています。でも、嘘をつきました。2017年の7月からひっそりブログを始めて、いよいよ30ヶ月目に突入したにも関わらず。はい。そして当然、このブログの存在も秘匿しました。上の幹事とは比較にならないぐらい親密な付き合いで、莫逆の友とも呼べる2人にすら秘匿した理由はそうですねー、30ヶ月も経過したらやはり今更じゃないですか。それにこう、2017年の7月にひっそりブログを始めるに際して、これまで10年以上にも及ぶブログキャリアの中で読者が完全にゼロという状態から始めてみたかったので、はい。だから彼らに教えることはしなかったし、また知らせることもしなかった。たとえ莫逆の友であろうとも。開始時点から既にブログを知っていて、かつ定期的に閲覧してくれる読者という存在に甘えたくなかったのです。このブログがきっと、これまで10年以上にも及ぶブログキャリアの集大成、ひいてはこれが人生で最後のブログになるだろうと思ったから、ゼロがいいと、ゼロになろうと。

友人のブログに影響されて始めた一番目のブログは、その友人と相互リンクをして、MSYとSZKにも開始と同時にアナウンスした。「ブログ始めたから読んでくれよ^^」って。方向性が変わったことで始めた二番目のブログは、一番目のブログ内で新しいURLと共にしっかり告知したことから、そのまま読者を継続することができた。ついでにmixi日記と連動させて、当時のマイミクを中心に一見さん的に訪れたユーザーにもブログの存在を認知して貰えるように仕向けていた。三番目のブログでも二番目のブログと同様の手法を取った他、他所の人気ブログにブログのURLを載せてコメントするなど、形振り構わず姑息にアレした。三番目のブログの読者だったメンヘラビッチの人妻とのいざこざの後に始めた四番目のブログでも、mixi日記内でマイミク限定にのみ開始を宣言してちゃっかり読者を確保。マイミクの中には勿論、MSYや幹事もいました。SZKは面倒という理由でSNSを一切やらない男だったので、メールで教えたのかな。多分。ちなみに四番目のブログが先述のマザーファッキンでスクリーモビッチなブログになります。とまあ、これまでずーっとそうですね、言うなれば身内的な読者を予め確保したセーフティーな状態でブログを始めていたわけです。だからこそ、五番目にあたるこのブログは誰にも教えず知らせずひっそり始めて、そのスタンスを永続したまま30ヶ月が経過したからトゥーレイトだって話ですよ。

SZKに関してはまあ、SZK夫として女子大生(激安淫売中古肉便器)とOND(首都圏在住の後輩)に次いでブログに登場していますが、一方のMSYはそんなに登場していませんね…。MSYは僕と同じく、14年前に"仙台nonnative四天王"の一角を担っていたガチ勢。結婚後、15AWを最後に引退したレジェンドです。三番目のブログを定期的に読んでくださっていたという方がもしいましたら、あの頃頻繁に登場していた友人のM君で通じるかと思います。彼です。クラス会で僕の右隣に座っていたのも彼です。


あれは昨年9月、仕事関係の懇親会が終わってからのことでした。
僕は全体の二次会には参加せず、マイメンのD君を誘って仙台駅前の喫茶店に入ったのですが…。

「リーモさんにまたあのベローチェの時のような顔をさせるかもしれませんが、その件の女子大生とはどういった経緯で知り合ったんです?」

「んー、女子大生とはね、mixiを通じて知り合ったんだ。そこから僕のブログを読んでくれて、なんか向こうから直接会いませんかってきて…^^」

「へー、リーモさんブログやってたんすか!」

「そう、ブログやってた。7年ぐらい。女子大生以外にも読者の人と実際に会ったりとか、そんな交流も結構あったねえ…^^」

「うわー、俺も読んでみたかったすねー。リーモさんのブログとか絶対面白いでしょ!」

「いやいや、大して面白くないよ。しかし、今はもうブログもSNSも何もやってないなあ…^^」

僕は以前から、嘘をついていました―。ブログもSNS(インスタ)もばっちりやっています。でも、嘘をつきました。26ヶ月も僕の嘘でした。D君とは仲が良い。僕より年下ですが30代独身、彼女もおらず、AVや風俗で性欲を発散する日々を送っている。また、精神を病みかけていた大学時代にアニメに救われたなど、僕と共通点が多いというか、境遇が似ているともいうか。ついでに高校の後輩。あと背丈も近い。だからマイメンと呼んでいます。普段から。そして文中にも登場していますが、↓の記事を作成するきっかけとなった人物でもあります。

sendaisaruin.hatenablog.com

20年以上の付き合いで僕のブログも一番目から知っている幹事や莫逆の友とは違い、マイメンは過去のブログを知らないし読んだことすらない。そういった意味ではこう、身内ながら完全に新規のフレッシュな読者となり、僕からすれば幹事や莫逆の友よりも教え甲斐がある。このブログの存在を。だけれども、秘匿しました。だって2017年の7月から誰にも教えず知らせず26ヶ月も続けてきた中で、僕に対して理解のある人物だからと、その誓約を簡単に破ってしまうことはやはりアレじゃないですか。マイメンにはブログの内容を気に入って貰える自信はあるけれど、それが26ヶ月や30ヶ月というフェーズにまで達しているとさすがに。ええ。いや、でも、果たして本当に気に入って貰えるだろうか。いくらマイメンだからといっても、育ってきた環境は違うから好き嫌いは否めない。絶対的な保証は皆無だ。僕のブログはそうですね、刺さる人にはすごい刺さると思いますが、ダメな人には本当にダメだと思います。それは現実社会での僕も同様でして、マイメンのように相性が良い相手とはとことん昵懇になるけれど、相性が悪い相手とはひたすらに悪い。所謂ドッグ&モンキー、ウォーター&オイル。仕事関係でも1人いますよ、僕のことを蛇蝎の如く嫌っている30代童貞で癇癪と躁鬱持ちの生ゴミ野郎。嫌っている理由は、僕の発言力の強さと下ネタの多さ。宴会で乾杯のグラスを避けられるぐらいガチで嫌われていますし、出来損ないの分際で自分に配慮することばかり求めてきやがりますけど、そこは僕の方が社会経験も女性経験も圧倒的に豊富な大人ですからね。目障りだから出来るだけ早急に自害するか、死ぬまで一生精神病院に入っていて欲しいと願っています。まあ、そういうとこやぞって話ですが、好かれる相手には徹底的に好かれて、嫌われる相手には徹底的に嫌われる、そんな僕のリアリティーやパーソナリティーがそのまま色濃く反映されているブログというわけです。だからこう、辿ってきた人生や諸々のステータスが類似しているマイメンは大丈夫だろうとアレしましたが、やはり迂闊に教えるべきではないし、願わくば自力で発見してほしい。DQ1竜王の城で隠し階段を見つけるよりも簡単だから。

そう、30ヶ月も教えず知らせずでやってきたからこそ、身内的な方々には自力での発見からの「ブログやってる?」というクエスチョンを期待していますね。ああ、そうしたら僕は待っていましたとばかりに、「なんてブログ?^^」と逆にクエスチョンすると決めているのです。あとはそうですねー、ブログを読んで頂けている方とは是非とも会ってみたい。つまるところのオフパコ。希望は女子大生ですが、別に男性でもオフパコOKです。場所は仙台でもいいですし、東京でも、名古屋でも、大阪でも、国内であれば可能。ちなみに四番目のブログでは大阪まで読者(♀)の方に会いに行ったこともあります。もう12年前の話ですが、高速バスで行って、なんばパークスで対面して、大阪を案内して貰って、カラオケで盛り上がって、はい。その後は疎遠になってしまいましたが、僕よりも年上だったので生きていれば今40歳ぐらいですかね。懐かしいです。

オフパコの何が面白いかって、たとえば当日に待ち合わせ場所に到着するまで知らないんですよ。僕が仙台猿員というブログを運営していることも、僕が35歳独身彼女なしというステータスであることも、僕がレペゼン仙台nonnativeガチ勢であることも、その道々ですれ違う人々は何も知らないんですよ。老いも若きも男も女も、僕についてのことは全く。一切。しかし、待ち合わせ場所には僕のブログ、ステータス、ガチ勢であること、さらに趣味や性癖や暴言や愚行等々まで知っている人物がいて、そして僕は今からその人物に会おうとしている―。いや、これが最高に面白い。ブロガーならではの特権ともいいますか、独特の高揚感や緊張感でカウパー漏れそうになります。四番目のブログ時代にトータルで6回の機会がありましたが、何回やっても飽きない。そして久方ぶりに味わいたい。よろしくにゃん。


そんなわけで30ヶ月は僕の嘘でした。

まだ知り合って2年ぐらいのマイメンはともかく、中学校時代からの幹事や莫逆の友に対して薄情ではないかといった意見もあるかと思いますが、まあ、それは30代だからこそといったアレもありますかね。独身だけど家を購入したクラスメイトだったり、結婚はしているけど子供は持たない方針のクラスメイトだったり、クラス会で再会した各々にそれぞれひとつのlifeとそれぞれが選んだstyleがあって、そこに今更僕のブログを組み込まなくてもいいのではないかと。ええ。だからこそ、何度も言っているように自力で発見してほしい次第。DQ2ペルポイの牢屋でラゴスを見つけるよりも簡単だから。とはいえ、このブログの存在を既に知っておきながら、あえて僕に公言せずに泳がせているパターンもあるでしょうか。今回フィーチャーした4名。もしかすると。まあ、それはそれで一興ですし、また31ヶ月も引き続いて僕の嘘。