仙台猿員

健全なブログを心がけます

THIRTYFIVE DIRTBAG

サウザンド。

「更新できたら更新する」をモットーに基本月2回、ガチって月3回、最低でも月1回というスタイルで緩やかに続いている当ブログなんですが、何気に昨年12月から月間のPV(ページビュー)が1000を超えるようになりまして、はい。で、2019年になってからも変わらず1000前後で推移していき、順当にいけば今月も1000は確実に超えてくるという状況だったりします。

まあ、ブログってのは読んでくださる方がいてこそ成立するものですし、こうしてPVが増えることはとても喜ばしくはありますが、さすがに1000を超えてしまうと喜びよりもむしろ困惑。増えすぎて困惑。だってさー、http://sendaisaruin.hatenablog.com/ですよ。健全なブログを心がけるとか言っておきながら、今の一度も健全だった例しがないhttp://sendaisaruin.hatenablog.com/ですよ。35歳独身の悪意とか怨嗟とか忿懣とか、リビドーとかバイオレンスとかフラストレーションとか、そういった諸々の負のパトスが爆発しているようなブログじゃないですか。運営している当人にしても、更新される内容にしても、PVが増える要素や下地が一切見当たらないブログじゃないですか。いくら地道に更新を続けているとはいえ、増えるべくして増えるアレでは決してない。しかし、紛れもない事実としてhttp://sendaisaruin.hatenablog.com/のPVは増えている。半年間も1000PVを維持している。ヤバい。

ちなみに昨年の5月時点では月間で350PVでしたので、およそ3倍増ということになりますか。

sendaisaruin.hatenablog.com

しかしそうですねー、PVを増やしたくて様々な工夫や努力をしているのならまだしも、PVを増やしたいという意思が微塵もない中でこうも勝手に増えてしまうのは本当によくわかりません。だからこそ困惑しているわけですが。

・毎回のように長文
・毎回のように誤字脱字
・毎回のように更新後にひっそり大幅加筆or大幅修正
・更新ペースが超イレギュラー
・非道徳的な発言が目立つ
・反社会的な意見も目立つ
・特定のファッションブランドに関する記事に偏重
・特定の企業や団体に対して事ある毎にクレームを付ける
・特定の人物に対して誹謗中傷や殺害予告や自殺教唆を平然と繰り返す

良い点を挙げるよりも悪い点を挙げた方が早い当ブログということで、さしあたりずらーっと並べてみましたがそうですね、これは酷い。1~4番目と7番目は致し方ないとしても、それ以外はちょっと人間性に問題しかありません。いくら言論の自由とはいえ。特に9番目は刑事罰の対象にもなり得るような最低最悪の行為。でも実名出していませんし、今後改める気もさらさらない。

まあ、読む人をかなり選んでしまうブログですよね。当ブログは。年齢や性別を問わず子供から大人まで皆が楽しめる、そんな万人向けのブログではないのです。それにも関わらず、僕の全く意図しないところでPVが勝手に増えて1000を超えている―。マジで意味がわかりません。どうしてPVが増えるのか、どうしてPVが増えてしまうのか。いくら検索エンジンに引っかかりやすいはてなブログだとしても、はっきり言って異常だ。

しかし唯一無二というか、替えが利かないというか、他所のブログでは味わえないコンテンツを提供してはいますかね。

無駄に読み応えがあって時間潰しには最適な長文だったり、誤字や脱字に気付いてきちんと修正する実直な姿勢だったり、加筆前と加筆後の大小様々な変化を楽しむことができたり、いつ更新するか予想がつかないドキドキ感だったり、特定のファッションブランドへの凄まじい熱量だったり、もはや名物と化している女子大生への常軌を逸した粘着ストーカーぶりだったり、はい。物は言い様ですが。それとゴミみたいなキュレーション系やアフィリエイト系のブログが猛威を振るう昨今、ここまでオールドスクールな個人ブログも今時珍しいといえば珍しいですからねー。だからこう、そんな希少性や独自性や特殊性がウケてPVの増加に繋がっているかもはしれません。ニッチな需要ともいいますか。自分で言うのも何ですが。

あとはシンプルな漢字4文字ながら物騒でインパクトの強いブログ名もそう、PVの増加に一役買っているかと思います。

ええ、誰もが知っている都市名に続くワードが猿で員ですからね。まず何よりも覚えやすいし、これなら簡単に忘れられることもないはず。さらに元ネタを知らない方には奇妙な配列でもあり、元ネタを知っている方ともども余計に興味を引くアレもあるでしょう。で、漢字4文字だから検索窓にもイージーに打ち込める。予測変換でもすぐに候補が表示されるだろうし、フリック入力でも←↑〇→←〇↑←↑のコマンドで楽勝コース。

・りーものどくはくぶろぐ
・リーモ、ブログ始めたってよ。
・リーちゃんの気まぐれdiary**
・リーモさんGOING MY WAY!!
・REAMO's BLOG ~空と海と大地と呪われし独身~

そうですねー、もし当ブログがこんなウンコみたいなブログ名ならどうだったでしょうか。まあ、覚えにくいですよね。それに打ち込みづらい。そして地雷臭もすごい。これではたとえ内容が同じでもPVが増えることはなかったと思います。やはり得体の知れないブログ名と狂気じみた内容がセットだからこそなんですよね。ラーメンセットを頼んでチャーハンではなくパエリアが出てきたら違うでしょ?そういうことです。

3番目や5番目は10年以上前のセンスですね。あの頃はこんなクソブログばかり溢れ返っていましたよ。懐かしい。1番目は初っ端の自己紹介的な記事で絶対説明する奴ですか。"独白"と"毒吐く"でかかってます―ってさ。やかましいわ。


ということで、勝手に月間1000PVを超えている当ブログです。
PVが増えずに伸び悩んでいるアフィリエイトブログざまあって感じです。

それはさておき、1000PV=読者1000人ではないことはブログを運営したことがない方でもわかりますよね。さすがに。PVとはページビューのことでして、つまり1ヶ月間で当ブログが1000回読まれたという計算になります。

で、今日日ブラウザは圧倒的にスマホでしょう。そして、そのままスマホ版の表示で読まれている方が大多数とも見受けます。スマホ版ですと、当ブログのトップページと共に7件の最新記事も出てくるじゃないですか。で、7件の中からどれか1つでも記事を読めば2PVになります。トップページにアクセスした時点で1PVというシステムだったはずなので、そういった皆々様方による日々の積み重ねが1000PVを生み出すわけです。

月間に対して日間はといいますと、1000÷30or31の単純計算で毎日30~40ぐらいで推移しているようで推移していません。アクセス解析を確認すると前々日70、前日20、当日40みたいな具合で超バラバラ。更新した日とか関係なく全体的に。たまに1日で100を突破している日なんかもあったりしまして、そんなに頻繁に確認してはいないのですが、運営側からすると見ていて面白いです。爆発的に伸びている日は、久方ぶりに訪れた方やまったく初めていらした方が過去の記事まで大量に遡って読んでくれたものだと捉えています。逆に大して伸びていない日は、週1とか月1とかの割合でコンスタントにチェックしてくれている方のみが訪れたものだとアンダースタンド。

いや、それにしても実質的な読者数はどのぐらいになるのでしょうか。

まあ、こんな人様にはとても紹介できないようなブログで月間1000PVも叩き出しているわけですから、ざっと多めに見積もっても100名はいるかと。恐らく。で、多めに見積もって100名ならそろそろいてもいいでしょう。オフパコしてくれる女子大生の読者。

そうですねー、やはり実際のところ難易度高いし無謀がすぎますよね。女子大生の読者とのオフパコ。仙台はピンからキリまで無駄に大学多いですし、何といっても過去の大大大成功例もあるから、2年ぐらい地道に更新を続けていればその内にオフってパコれるかなとか思っていましたが…。うん、甘かった。アスパルテーム、いやサッカリンぐらい甘かった。むしろラグドゥネームぐらい甘かった。裕福な地主一家の長男として、幼少の頃から散々甘やかされてきた結果がこれだ。そうしたら当ブログも来月でもう2年が経過しますよ。2017年の7月にスタートしたので。早いなあ。まあ、2年ぐらい地道に更新を続けて月間1000PVは超えるようにはなりましたが、その730日の間にオフパコどころか彼女すら作れず、ますます独身に拍車が掛かる…。というか、冷静に考えて18~22歳の女子大生が35歳独身のおっさんとオフパコするかよって話ですね。しかも、ロハで。僕が長瀬智也似だったらまだしも。過去の大大大成功例があるとはいえ、それは10年前の25歳だったからできたことです。そして、相手が頭のおかしい中古肉便器の女子大生だったからこそとも。これまで何千回と痛罵しているのでアレですが、本当に頭のおかしい中古肉便器だった。否、それ以外のなにものでもなかった。だからネットを通じて異性と会うことにもあまり迷いがなく、僕と交際する以前にはmixiのオフ会に参加してそこで知り合った男と付き合っていたそうだし、僕と交際中にmixiで仲良くなった田舎のクソミュージシャン崩れに乗り換えているし、僕と別れた直後には山形に住んでいるマイミクの男に案内されて日帰り旅行してやがったし、ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ激安中古肉便器がテメー絶対ぶっ殺してやる。ボコボコにぶん殴って、レイプして、四肢切断して、レイプして、ガソリンかけて燃やす。火葬までワンセットとか遺族も安心だなおい。キラキラはしていないけどわりと珍しい名前だし、結婚して姓が変わっていようがちょっと調べればすぐに見つけられる自信あるからな。震えて眠れ。それでユーズドミートトイレットはさておき、そもそもオフパコって響きやイメージ自体がよくないですよね。下劣で、低俗で、悪質で。これでは良識のあるまともな女子大生は躊躇するに決まっている。だからもっと明確に具体性や方向性を示して、誠意や熱意たるものを見せなければなりません。うーん、そうなるとアレですね。土下座しますよ土下座。ガチのマジで土下座します。額を地面にこすりつけるレベルで土下座します。何なら頭を踏みつけてもらっても構わないから、土下座程度で何とかなると思っている35歳独身の情けないほど必死な姿勢に免じてオフパコさせてほしい。でもリーちゃん、そりゃあオマンコにチンポを突っ込めるに越したことはないけれど、本番よりもむしろ普通にパンツだけ見せてもらえれば十分満足だったりします。ええ、無類の下着フェチなんですよね。ともなってタイツやパンストといったレッグウェアも大好物。ちなみに好きな下着の色は、1位が黒、2位がピンク、3位がグレーです。白と赤はNG。だからこう、恥も外聞もなく何十回でも何百回でも土下座するからパンツを見せてほしい。オフでパンツを公開、略してオフパコでお願いしたい。服装はスカートが望ましいですが、もし可能であればリクルートスーツ。無論、ベージュのパンスト着用で。やはりリクルートスーツはある種女子大生の特権というか、女子大生の象徴的なアレでもありますからね。そういえば、中古肉便器とも1度だけリクルートスーツでファックしましたねー。2009年の10月ぐらいでしたか、なんかよくわかんないけど見学先でやらかしたらしく、色々と慰めてもらいたくて僕に会いにきたんですよ。平日の夕方。リクルートスーツで。で、早速インマイルームに連れ込んだわけですが、最初は拒否されました。リクルートスーツにシワができるし、そもそもやらかして落ち込んでいるし、あと僕が知人女性とたまたまヴィレバンに行ったことに怒っていて。だけど、そんなの関係ないですよね。この先リクルートスーツでファックできる機会もそうないだろうし、とりあえず両手首をタオルで縛ってから半ば強引に押し倒しました。それでもまだ「ちょっとリーくんやだ…やめて…」とか抵抗していましたが、スカートをたくし上げて、パンストを丁寧に片足だけ脱がして、パンツ(黒)は脱がさずに横にずらして挿入した頃にはそうですね、あんあんあんあん淫らに喘いでいました。ついでに首を絞めた記憶も。そりゃあ「あくまでプレーとしてだけど、レイプみたいに激しく犯されるのも好き…///」とか言ってたマゾ女でしたからね。所詮、便所女でしかない。あの場で殺しておけばよかった。そうそう、女子大生関連で話変わりますけど、先月に仕事関係の懇親会後の二次会で行ったガールズバーの女の子も中々アレでしたね。まあ、仕事関係の懇親会後の二次会は大体毎回いつもそこのガールズバーに行くのですが、僕の座ったテーブルについた女子大生がパンツ丸見えで。いやね、そこのガールズバーの女の子はみんなバドガールの格好しているんですよ。あのバドワイザーのコスチューム。だからもう、普通に座っているだけで見えるんですよね。パンツ。ガードが固くて見えない子もいますが、あの時の女子大生は緩すぎてアレでした。「君パンツ見えてるよ^^」って指摘する度に一応隠すのですが、数分後には結局また全開状態になっていて。ええ。パンツを視認するまでのプロセスに情趣や感慨が欠けてはいますが、その手の店と衣装でナチュラルに見えるor見えてしまうパンツも悪くないものです。ちなみにピンクの花柄でした。それと懇親会には提携企業のインターン的な現役女子大生も参加していたのですが、その女子大生がまた激マブだったんですよ。諸先輩方からは「リーモ君、女子大生好きでしょ?折角だから話してきなよ!」とか散々煽られたのですが、彼氏がいるという情報を事前に聞かされた時点ですでに興醒めでした。話してはきたけれども。そうですね、この子もこんな真面目で大人しい振りして普段は彼氏のチンポしゃぶってんだなって思ったらもうがっかりしました。うんざりしました。だってさー、彼氏のチンポはしゃぶってんのに僕のチンポはしゃぶってくれないんだよ。がっかりじゃん。使えないじゃん。僕をひたすら落胆させるだけの邪悪な存在じゃん。性の悦びを知りやがって、クソが。クソ女子大生が。女子大生なんて売春婦と大差ねーよ。そうだ、だから僕は女子大生に土下座してまでもパンツが見たい。否、土下座するからパンツを見せてほしい。合法的に見せてほしい。それにこれから7月や8月は汗で蒸れたオマンコの匂いも格別ですから、そちらもついでに嗅がせてほしい。何なら5000円、いや10000円払うから嗅がせてほしい。パンストの上からその淫靡なスメルを直嗅ぎさせてほしい。20分ぐらい。そして、そんなみじめで無様な35歳独身のクズ野郎を嘲笑ってほしい。汚物を見るような目で蔑んでほしい。まあ、身だしなみには最大限に気を遣っている世間一般的にはオシャレな部類の35歳独身(身長180cm超、現役バスケットマン)がただの布切れの為に土下座するってのは、結構痛快だと思いますよ。女子大生側にとって。あとは僕がマジモンの殺人犯にならない為にも、明日への希望や生きる活力の為にも、ライブ感溢れる読者の女子大生のパンツが必要なんだ。頼む。


ということで、当ブログの月間PVが1000を超えている件についての報告と所感と嘆願でした。

そうですねー、1000を超えたからといって驕り高ぶるアレは全くないです。更新ペースを上げることもしません。来月以降も1回か2回か3回のスタンスで続けていきます。それにまあ、僕にとってブログはある種のレゾンデートルみたいなものでもありますからね。内容はともかくとして、今後も存在証明たるをラウドに鳴らしていきたい。

しかし、上半期も終わりますか。早い。

で、その上半期の締めがよりによって婚活イベントへの参加というから非常に憂鬱です。それでは下半期もセイムURL、セイムブログでごきげんよう