仙台猿員

健全なブログを心がけます

東京には何もかもがあるし、何もかもがない

東京に行きます。

ええ、来週に1泊2日で行きます。34歳独身の短い夏休みです。はい。それにしても今回で5年連続5回目になるんですよねー、このオータムシーズンの東京旅行。よくも飽きずに毎年行くなー、と我ながら感心しつつ、本日はその軌跡を振り返ってみたいと思います。

【2014年】
10月中旬、3連休明けでしたね。

前日まで猛威を振るっていた台風の影響で、いつもは満席になる仙台発東京行きの高速バスは軒並み空席。トータルで10人も乗っていませんでした。運転手からも「空いてるから自由に使っていいですよ」なんてアナウンスまであり、隣を気にせずバックパックを置けたり、後ろを気にせずシートを倒せたりと非常に快適な往路でした。

およそ6時間ほどで無事に東京(新宿駅)に到着するや、そこから中目黒→渋谷→新宿と巡り、21時頃に西新宿のホテルに投宿したのですが…。うーん、巡り方が悪かったですね。新宿駅から中目黒駅までは電車を使いましたが、その後は代官山を経由して渋谷のCDショップからの北青山のTHE CONTEMPORARY FIX、さらに表参道を経由して原宿に至るまでずーっと徒歩。ひたすら徒歩。新宿へはさすがに電車を使って戻ってきましたが、そこからもタワレコ伊勢丹メンズ、ルミネ、西新宿のラーメン店と延々歩き続けていました。なお、グーグルマップを確認しながら移動していたにも関わらず、ラーメン店には周辺を1時間近く迷った末の到着という体たらく。もはや疲労困憊で味もわかりませんでした。

翌日はホテルをチェックアウト後、どこにも寄ることなく高速バス乗り場に向かい、10時頃発の便でそのまま仙台に帰りました。風邪もひきました。はい。

まあ、問題点というか反省点ばかりですね。

まず1日目にすべてを詰め込んだ時点で破綻しています。いや、むしろなぜ復路の高速バスを午前発にしたのか。これこそが2014年の東京旅行に於ける最大のミステイク。その結果、1日目にすべて回らざるを得ない過密スケジュールになってしまい、加えて「明日にはすぐ帰ってしまうし、折角だから東京を歩くか^^」という無駄な健康志向も却って疲労を増幅させてしまったと。履いていたスニーカーもあまり足に優しくないタイプ(VANS×DELUXEのERA)だったこともアレですね。新宿に戻ってきた時点で三十路の僕のフットはすでに限界に達していたのです。

復路の高速バスを午後発にして、初日は中目黒と渋谷、翌日に新宿というゆとりのある旅程を組めばよかったものを…。何をそんなに急いでいたのか。

あとは当日、台風一過の快晴で気温が30℃近くあった中、購入したばかりだからとプリマロフト仕様のアウターを早速着用していたのもそうですね。額に汗を浮かべながら、自慢げに。これでは風邪もひきます。アホです。

【2015年】
10月上旬、昨年より1週早く行きました。

昨年とは打って変わり、東京行きの高速バスは満員御礼。さらに隣の席にはそこそこ可愛い妙齢の女性。下手に緊張してしまい、道中は一睡もできませんでした。

無事に新宿に到着後はPePeのサンマルクカフェで一旦休憩を取り、そこから北青山→中目黒→恵比寿と巡りました。電車で。まあ、北青山のTHE CONTEMPORARY FIXと中目黒のvendorは昨年と同様ですね。あえて逆にしてみたのですが、思いがけずTHE~の方で早々に予算オーバーしたりと瞬間的には楽しめました。ただ、vendorから行くべきでしたね。今思えば。

vendorでのショッピングを終えてからは、1LDKを経由して恵比寿駅まで向かい、そこでONDと合流。このブログでは女子大生(中古肉便器)に次いでお馴染みの後輩ONDです。ちなみにこの時は未婚。そんなONDと恵比寿駅近くのビュッフェレストランで食事をした後は、「なんかスタバ飲みたいっすね!」というONDのリクエストに応えて周辺を探し歩き、最終的に新宿に戻ってフラペチーノしました。それで新宿駅でONDと別れ、24時を過ぎてから大久保公園近くのホテルにチェックイン。翌日はタワレコ伊勢丹メンズ、タリーズ等を巡って15時頃発の高速バスで帰りました。

全体的に無理のない旅程を組み、足に優しいスニーカー(ASICSのGEL KAYANO TRAINER)を履き、オクトーバーの気候に応じた服装をするなど、昨年の問題点や反省点をしっかりと改善できたのはアレでしたね。

ただ、先にチェックインしておくべきだったと。

当初は「(ONDとは飯食ったら解散だろうから、22時前には新宿に戻って余裕でチェックインできるね^^)」という算段でいたのですが、恵比寿駅近くのビュッフェレストランを出たのが22時前、結局見つからず新宿に戻ることにしたのが23時前、新宿駅で別れたのが24時前と上述のスタバ探しで大幅に狂ってしまったわけです。さらにこの間、チェックイン時刻の変更で2度もホテルに電話を掛けるという迷惑客ぶりまで発揮。そもそもONDとの合流が19時だったことを思えば、18時に恵比寿駅に到着した時点でタリーズに入らず、新宿に戻ってチェックインだけしてきてもノープロブレムでしたね。実際。結果論とはいえ、ONDが30分遅れてきたことも考慮しますと殊更。はい。

ちなみに風邪はひきませんでしたが、数日前に体調を崩してしまい、医者から処方された薬を持っての旅行となりました。

【2016年】
11月上旬に行きました。

この年から往路に新幹線を選択。はやぶさに乗ったのですが、想像していたよりも座席が窮屈で具合が悪くなりました。そもそもがほぼ満席という状況で身動きが取りづらい窓側に座ったことが間違い。おちおちトイレにも行けないという。

無事に東京駅に到着後、中央線で新宿に向かい、昨年同様にPePeのサンマルクカフェで休憩してから16時前に大久保公園近くのホテルにチェックイン。そこからすぐに新宿駅→恵比寿駅と移動して17時にONDと合流、あえてONDを連れ立ってvendorに行くことにしました。そうですねー、THE CONTEMPORARY FIXは外しました。理由は単純、MR.GENTLEMANを購入しなくなったからですね。デザイン面ではnonnativeより好きなのですが、1回洗っただけで派手に縮んでしまうカットソー類にとうとう嫌気が差したので。ええ。

で、ONDのゴリ押しもあって約10万円の袖レザースタジャンを購入後、恵比寿駅に舞い戻ってりんかい線に乗り込みました。「お台場のアウトレットに行きたいんすけど…!」というONDのリクエストに応えた形です。僕は初めて行きましたが、三井アウトレットパーク仙台港(笑)、仙台泉プレミアムアウトレット(笑)ってレベルでしたね。平日の夜で閑散とはしていたものの、とにかくデカい。広い。やっぱり東京ってすげーわ。アウトレットでのショッピングを終えると、再びりんかい線で今度は池袋。池袋到着後の足取りは↓でどうぞ。


sendaisaruin.hatenablog.com

翌日にホテルをチェックアウト後は、地下街をぶらぶらしながらタワレコベローチェで時間を潰し、15時頃発の高速バスで帰りました。風邪は悪化の一途を辿りました。

全体的に無理のない旅程、足に優しいスニーカー(VANSのOLD SKOOL LITE)、ノベンバーの気候に応じた服装は勿論、ONDと合流する前にチェックインを済ませておくなど、今回もさすがの学習能力の高さをアレしています。失敗は成功のマザーファッカーとはよく言ったものです。問題点や反省点は特段見当たりませんが、強いて挙げるとするならば新幹線の座席ですね。3列シートの窓側は地雷。

【2017年】
これまた11月上旬に行きました。

昨年同様に往路は新幹線でしたが、今度ははやぶさの通路側をチョイス。しかし、それでも具合を悪くしたのです。症状としては頭痛、息苦しさ、吐き気ですね。まあ、そんなグロッキーな状態ながら、東京駅に到着後は八重洲地下街のアロマ珈琲で昼食を取りました。美味しいピザトーストとアイスコーヒーでしたが、それでも具合は相変わらず悪いまま、何とか踏ん張って新宿に向かい、15時半過ぎに大久保公園近くのホテルにチェックイン。平時ならブチ切れ確実な「すみません今日1時間遅れます!」というONDからのLINEもこの時ばかりはこれ幸いと仮眠を取ることにしました。

17時頃に起きて諸々の準備を始め、風邪予防に事前に購入しておいた葛根湯を飲んでから、新宿駅→恵比寿駅と移動して18時にONDと合流。2年連続でONDを連れ立ってのvendor、僕とは大幅に系統が異なるものの、根っからの服好きで的確なアドバイスをくれるONDはvendorでは欠かせない存在であり…。vendorの後は中目黒駅から池袋に直行、以降の足取りは↓でどうぞ。


sendaisaruin.hatenablog.com

「これ東横線だよ、マジで池袋行けるの?」という疑り深い僕に対して、「大丈夫ですリーモさん、池袋まで行けます!」と自信満々に答えるOND。乗り入れというアレで東横線でも池袋に行ける鉄道網、改めてやっぱり東京ってすげーわ。あと葛根湯が効いたのか、ONDとの合流後は多少マシになりました。具合。

翌日は葛根湯に感謝しつつ、タワレコを中心に新宿周辺の目的の店舗を幾つか回り、15時頃発の高速バスで帰りました。なお、帰仙してすぐに急性胃腸炎に見舞われました。葛根湯とは何だったのか。

問題点や反省点はそうですねー、やはり新幹線。
3列シートの通路側でもダメだったとなるともう…。


ということで、2014年から2017年の東京旅行を回顧してまいりました。

しかしこう、2014年は現地で風邪をひき、2015年は数日前に体調不良、2016年はまたも現地で風邪をひき、2017年は帰ってきて急性胃腸炎とか一体何なんですかねこれ。水が合わないのか、呪われているのか。まあ、東京は狂った街ですからね。それも致し方ないのかもしれません。

【2018年】

・新幹線をやまびこに変更

新幹線に乗って具合が悪くなる原因がはやぶさにあると突き止めたので、今年はやまびこで行くことにしました。実際、2月の横浜旅行では往路も復路もやまびこだったのですが、これが不思議なことに具合が悪くならなかったのですよ。ガチのマジで。だから、再度検証を兼ねてのやまびこです。

はやぶさは仙台から1時間弱で東京に到着する分、とにかくアホみたいに速い。そして、大宮までノンストップ走行。きっと、これが原因だと思うのですよ。一方、やまびこは福島県内と栃木県内の駅にも停車する分、はやぶさに比べて40分~1時間ほど到着が遅くなりますが、乗車している側としては現在位置を把握できるのが利点。あとは停車時のインターバルもありがたい。そもそもにおいて無理のない旅程を組んでいるのですから、はやぶさにまで乗車して急いで東京に行く必要はなかったのですよ。過去2年間。ええ。

あとはやまびこだとえきねっとの割引が適用されるので、トータルでじつに6000円も安く購入できました。やったねリーちゃん。ついでに購入時に座席を選ぶこともできたので、往路も復路も2列シートの通路側を確保。まあ、平日だとそんなに乗車率も高くないでしょうし、あわよくば隣の座席は空席なんてこともあるやもですねえ。

・宿泊先を京橋に変更

4年連続で新宿、さらに3年連続で同じホテルに宿泊していましたが、今年は京橋に宿泊することにしました。地理的には日本橋と銀座の間ですね。これまでは復路が高速バスなので新宿でしたが、復路も新幹線にしたことで東京駅に近い方が動きやすいかなとも。それと大体毎回いつも渋谷、新宿、恵比寿、中目黒だけで完結していたので、たまには違う東京の風景を見てみたいという思惑もあり…。

最初は某鉄道系のホテルを予約したのですが、後々になって調べたらもっと評判の良いホテルがあったのでそちらに変更しました。6000円安くなった分でホテルのグレードを上げたという。朝食付きで1泊約11000円。はたして吉と出るか、凶と出るか。

・中目黒に行かない

今年は東京旅行の定番だった中目黒を外します。これは帰仙後にじっくり腰を据えて更新するつもりですが、nonnativeの18AWがとにかく酷い。立ち上げの無地Tシャツこそ購入していますが、それ以外で欲しいアイテムがまともにない。9月という時期的に仕方がないとはいえど全然出揃っていない。それに相変わらずのクソみたいな小出し公開。ファッキンTNP。だからこう、わざわざvendorまで足を運ぶ価値や必要性を感じなくてですね。nonnativeユーザーにとっての聖地ではありますが、2月にも行っていますし、別にいいんじゃないかなと。

新宿はタワレコかセクキャバで行くかと思います。まだ当日になるまでわかりませんが、前者は欲しいCDの在庫次第、後者はONDの状況次第といったところ。

そうそう、ともなってONDとの待ち合わせも恵比寿から有楽町になりました。
阪急辺りで待ち合わせて、銀座で食べて飲んで、その後にセクキャバですかね。


そんなわけで2018年は思い切った旅行にします。

毎年のように東京に行くせいか、周囲の親しい方々からは「また東京行くんだー」とか「東京好きだねー」とか言われたりもするのですが、だってどこにも行かずに仙台に留まっていても面白くないじゃないですか。つまらないじゃないですか。だから東京に行くんですよ、僕は。大阪や名古屋より行きやすいですし。まあ、どちらかといえば苦手ですが、東京。それに行く度に「(東京には住めないなー^^;)」って痛感します。ONDには"東京=僕の欲望がすべて叶う街"と表現しているのですが、だからこそ住めないし、住みたくない。年に1回か2回のお上り野郎で十分なのです。それは金銭面だったり、すべて叶ってしまうからこその物足りなさだったり、諸行無常の響きだったり。そう、東京には何もかもがあるし、何もかもがないのです。あとは気負いそうですね、東京に住んでいると。常に走っていないと置いていかれてしまいそうな感覚ともいいますか。それを言い出したら、仙台でもとっくに置いていかれているけれど。はい。とはいえ、中古肉便器の女子大生と破局して2ヶ月後に東京に行った頃(2010年)よりは、だいぶ東京にも慣れました。名前を呼ぶ女子大生の声が今も胸に残ってはいますが、東京に行って1人で切なくなるようなことはもうありません。また、東京の街に立って曇り空を眺めたところで女子大生を思い出すことも…。予報ではよりによって両日とも雨模様になりそうですが、それを「嫌がらせかよボケが^^」と捉えるか、「ある意味、持ってるな^^」と捉えるかは自分次第。とにかく東京行ってきますよ。昨年が急性胃腸炎でしたから、今年は現地で鉄道自殺、もしくは帰ってきて心筋梗塞かな。楽しみですね、チャオ。