仙台猿員

健全なブログを心がけます

34歳独身が目黒川に飛び込むスピード

タイトル出落ち。

はい。先月は血眼になってニットを探していたんですよ、ニット。どこへ行くにもインナーがスウェットとスウェットパーカーばかりで代わり映えがないため、そんなマンネリズムを打破したいと思いまして。

まあ、スウェットとスウェットパーカーばかりでも特に問題はありませんでした。正味の話。ことスウェットについてはチャンピオンのリバースウィーブ、市場価値もそれなりに高い70年代単色タグの所謂ヴィンテージ品。それが1枚。あとはトリコタグが1枚。自慢の逸品。スウェットパーカーは以前にも取り上げたUNUSEDが2枚(ともに16AW)ですね。

ただ、本当にどこに行くにもスウェットとスウェットパーカーばかりだったんです。近所のコンビニからショッピングモールから中心市街地から市民センターの体育館から初詣に初売りまで。大体、毎回、いつも。昨年の今時分からずっと。

やはり気張ることなく気楽に着用できる上、それでいてファッション性も兼ね備えているからこそのチョイスではありますが、逆説的にいえばスウェットとスウェットパーカー以外のインナーがほぼ皆無という証左でもあり、その結果が重大かつ深刻なマンネリコーデという。ええ。いくらアウターやボトムスのカラー、素材、デザイン云々は変わろうとも、結果としてインナーが常時スウェットとスウェットパーカーでは退屈ではないでしょうか。惰性ともいいますか。だからスウェットとスウェットパーカーに代わる新たなスタンダードとしてニットを取り入れたいと考えたのです。で、必死になって探していたと。はい。

でもこうちょっと、時期というか巡りが合わせが悪かったですね。

オークションで終了間際に邪魔立てされたりとか、ニットと言いつつスウェットを購入して結局失敗したりとか、いざ購入できたもののサイズが合わなかったりとか。あとはサイズ欠けとかカラー欠けとか、ことごとく縁がありませんでした。絶望的でした。

そうですねー、そもそもセールが終盤で色々と選択肢が限られてしまう状況下でしたからねー。それに予てよりニットの必要性を痛感して購入することを検討しておきながら、結局別のアイテムを優先して購入を見送ったり、「今じゃなくてもセールとかで買えるでしょ^^」などと後回しにしてきたツケが回ってきたのです。これまで沢山の機会があったにも関わらず。そう、すべては己の判断力の悪さと先見性の無さ。復讐するは我にあり


まあ、そんな紆余曲折はあったものの、なんとか無事に購入できました。

f:id:sendaisaruin:20180222192846j:plain
・TOURIST SWEATER SHETLAND WOOL YARN
そこはやはりnonnativeですよ。関東某から定価の40%オフで購入。
とりあえず無難に使いやすいグレー(表記はM.CEMENT)にしました。

それでこのニットなんですが、まず着用した時のシルエットがとにかく絶妙ですね。やや短めの着丈と大きく取られた身幅からなる絶妙なバランス。さらに若干緩めの首周りやラグランスリーブ仕様等も相俟って、とてもリラックスした着心地を味わえます。かなり動きやすいし、着脱もしやすい。あと保温性も高い。上述の所持しているリバースウィーブにサイズ感が近かったのもアレでした。

変に小細工のないシンプルでクラシカルな佇まいも素晴らしく、どうしてこれをもっと早く購入しなかったんですかねえ…。

f:id:sendaisaruin:20180222193026j:plain
・TOURIST SWEATER SHETLAND WOOL YARN BORDER
M.CEMENTの購入から5日後、何気なく直営ECを見てみたら在庫が復活していたのでこれまた40%オフで購入しました。全5色で展開されたボーダーニットの中ではこのカラーが一番目を引きましたし、M.CEMENTの後でアクセントになる差し色が欲しくなったこともあり、はい。

ただ、ピンク×パープルのボーダー(表記はM.DAHLIA)は思っていたよりも派手でした。33才独身(当時)に着こなせるか不安を覚えたぐらいに派手でした。ノータイムで購入しておきながら。今更。だけどそうですねー、4ヶ月以上伸ばしていた髪をさっぱり切って、ついでにパーマもかけてもらったら似合いました。自分で言うのもなんですが、すごく似合います。山師とでもいいますか、そういった胡散臭い方向性で似合います。今回ヘアースタイルを手がけてくれた美容師の先輩(♀)からもお墨付きです。

ともあれ、すっかり気に入って着用しています。それと単に無地からボーダーになっただけで、サイズや素材や着心地に大きな変化はないです。

f:id:sendaisaruin:20180222192940j:plain
・TOURIST SWEATER SHETLAND WOOL YARN
M.DAHLIAの購入からさらに5日後、直営ECのファイナルセールに合わせて在庫が復活していたので購入。これまたまた40%オフでした。ブラックっぽく見えますがチャコール(表記はM.CHARCOAL)です。折角だから34歳のバースデー当日に届くように日時指定しました。

ということで、10日間で3枚と怒濤の勢いで購入しました。

まあ、これこそがレペゼン仙台nonnativeガチ勢のアレですよ。TNP友の会(苦笑)。あと#色ち買いとか言ってる奴キモいんだよボケが全員死ね。いずれも40%オフで購入できたことは幸いでしたが、せめて1つでもプロパーで購入しておけばインナー選びがマンネリせずに済んだはず…。しかしながら、スウェットとスウェットパーカー以外の選択肢が充実したので結果オーライですかね。ちなみにサイズはすべて2です。ざっくり着用できるのがいいんですよ。

そして、いよいよ間近に迫った横浜2泊3日の旅に関しても勿論、今回購入したニットで行きます。まあ、横浜旅行を控えていたからこそニットの購入を喫緊の課題としていたわけでもありますが。アイテム名がTOURIST(旅行者・観光客)というのもオツですね。

で、個人的には目下絶好調のM.DAHLIAで横浜、ひいては中目黒や池袋にも乗り込みたいところでしたが、ちょっとした事情があって今回はM.CEMENTとM.CHARCOALで行くことにしました。

f:id:sendaisaruin:20180222193132j:plain
EXPLORER JEANS DROPPED FIT POLY OXFORD
その事情というのがこのボトムス。昨年11月に購入したものの、インナーがスウェットとスウェットパーカーしかない中で出番に恵まれずにいてですね。

スラックスライクで上品な印象を与えてくれますが、素材はウールと見せかけてポリエステル。裾のジップを開閉することでシルエットの調整が可能でして、さらに右ポケット内にスマートフォンが収まるポケットも内蔵されています。裏地には17AWの象徴ともいえるリバティー柄が使われています。カラーはM.CEMENTです。

それでこれにスウェットとスウェットパーカーなんですが…。正直、合わないことはないのでしょうけれど、僕にとっては合いませんでした。実際に合わせた上で合わないと判断しました。僕がそう思ったならそうなんです。僕の中では。だからこう、ニットを希求した経緯もありますね。確実に合うだけでなく、34才独身ならではの哀愁が漂うアダルティーな着こなしが体現できるともアレしたので。

あとですね、東京では毎度のようにブラックだったんですよ。ボトムスが。

東京に行った2012年、2014年、2015年、2016年、2017年を振り返ってみたらそう、見事にオールブラック。全部黒。2015年は同級生の結婚式に招待されて横浜にも行ったのですが、その際のスーツもブラックというブラックぶり。一つだけ言える真理として「男は黒に染まれ」とはありますが、あまりにもブラックばかりで芸がなさすぎるので今回はグレーという名のM.CEMENTで行きたいと。はい。

だからアウターとシューズをブラックにして、インナーには同系色で相性の良いM.CEMENTとM.CHARCOALをチョイスするって話です。我ながら完璧ですね。


さて、それにしても今回は行きから荷物が多くなりますね。

ニット1枚、カットソー2枚、ヒートテック上下2日分、トランクス2日分、ソックス2日分、グローブ、整髪剤、充電器他……。もとより冬場の旅行は荷物が多くなりがちですが、さらに現地で服やCDや土産品等も購入するとなれば、帰る頃には相当の量になってしまいます。そこでこれまで使ってきたhoboのバックパック(35L)ではいよいよ心許ないのではと憂慮して、この機会に新しいバックパックも購入してみました。

f:id:sendaisaruin:20180222193246j:plain
・Polyester Ripstop Backpack 43L with Waterproof zip
17AWにリリースされたhoboのバックパックです。なんといっても縦長のスマートなフォルムと43Lの大容量が最大の魅力。しかしながら、その43Lの大容量が逆に敬遠されてしまったのか、入荷した店舗は僅か数軒ほどしかありませんでした。それでいて売れ行きも芳しくなかったようで、今月になって半額で投げ売られていたところを確保した次第です。

まあ、半額ということでそこまで過度に期待してはいませんでしたが、いざ届いた実物を手にしてみたら驚き桃の木山椒の木。自分が想像していた以上にしっかり作られていて感心しました。素材は摩耗や引き裂きに強く、かつ軽量で耐久性も高いリップストップ。結構厚手でハリがあります。あとは左右のサイドポケット、天蓋、止水ジップ、メッシュポケット、PCスリーブ等々、機能性重視のありがたいディテールがてんこもりです。本体の背面とショルダーパッドの裏はメッシュ仕様で汗蒸れの防止に一役買ってくれますし、35Lの方にはなかったショルダーハーネスも地味に嬉しいポイント。でもフロント部分のアウトポケットはそうですねー、じつにヴァギナ的というか、開けてみるとおまんこくぱぁ感が凄まじくてちょっと卑猥です。はい。

旅行後にも定期的に継続使用するかどうかで購入を躊躇したりもしたのですが、35Lの方と併用してバスケに行く時に使用することでアレしました。入れてみないことにはまだわかりませんが、バスケットボールも難なくすっぽり収まりそうなので。さながらスカルファック。ガバガバっすわ。

ことバックパックに関しては昨年に大失敗しているので、今回の成果は大変喜ばしい限りです。しかも半額でしたし。

sendaisaruin.hatenablog.com
詳しくは↑のリンクからどうぞ。この時はまさか、nonnativeがグレゴリーとコラボレーションするとは夢にも思いませんでしたね…。

とはいえ、hoboも潮時というか手詰まり感がやべーですね。

18SSとかもう惨憺たる有様。欲しいアイテムがない。そもそも僕自身も今回のバックパックが2年ぶりの購入でしたからね。ちなみに2年前に購入したアイテムもバックパックでした。すぐに売り払いましたけど。

ちなみに仙台の取り扱い店は縁を切ったので行っていません。わざわざ"縁を切った"と余計な一言を付け加えてしまう辺り、色々とお察しください。だからすぐに売り払ったんですよ。まあ、店頭のみならずSNSでもフレンドリーに親交することを標榜としているので、そういうのが好きな方には向いていますよ。たまに履き違えますけど。さらに今シーズンから、5ちゃんのnonnativeスレでもすこぶる評判がよくないブランドの取り扱いも始めたみたいなので要注目ですね。所謂、昨日の明日。僕もそのクチなんですが、nonnativeガチ勢にはまず受けないでしょうね。デザインとかコンセプト以前のもっと根本的な部分で。ええ。


そんなわけで、一部方面へのディスりもかましながらお送りしてきました。

nonnativeの18SSについても言いたいことが山ほどあるのですが、それは実際に現場を見てきてからにします。あとニットもバックパックもすべて通販での購入だったので、久方ぶりに店頭で購入したい気分です。34才独身が目黒川に飛び込むスピードで行ってみようと思うんです。