仙台猿員

健全なブログを心がけます

被るは恥だが役に立つ

包茎の話ではないです。

そうですね、フードの話です。風土ではなくFOODでもなくHOOD。スウェットパーカーのフード。それを被るか被らないか、そんなアレです。

33歳独身、ここ杜の都でも知る人ぞ知る――というより誰にも知られていない孤高のファッショニスタ的にはまあ、被りますね。フード。スウェットパーカーのフード。

お気に入りのCOMESANDGOESのキャップの上からガバッと被ります。ラッパー、Bボーイ、スケーターよろしく被ります。フード。スウェットパーカーのフード。

僕がフードを被り始めたのは昨年の今頃からです。

別段持て余していたというわけではありませんでしたが、大きめに作られているUNUSEDのスウェットパーカーのフード、どうせなら活用したいと考えてとりあえず被ってみたのです。

f:id:sendaisaruin:20171208192505j:plain
・US1167
16AWのスウェットパーカー。左のグリーンですね。実物はターコイズブルーですけど。全体にピリング加工が施されていまして、こなれた古着のような表情が魅力的なんですが、この色味ですから仙台では結構目立ちます。ジップパーカー派の僕がおよそ6年ぶりに購入したプルオーバーパーカーであり、また初UNUSEDでもありました。サイズは2です。

まあ、身長170cmぐらいの中性的なジャニーズ顔がフードを被っていたらそうですね、あざといというか狙いすぎているというかで癪に障るところでしょうけど、身長180cm超で彫りが深い野性的な特濃ソース顔(ヒゲもあり)ですとこれがもう似合います。自分で言うのもなんですが、本当驚くほど似合うんですよ。怖いぐらいにハマっているともいうか、わざとらしさが皆無ともいうかで。だからこそ、デフォルトでフードを被って外出してみました。夜。20時ぐらい。

まずは肩慣らしにと、近所のコンビニに入店しました。
キャップの上からスウェットパーカーのフードを被ったまま。

正直、最初はわりかし恥ずかしかったのです。いくら通い慣れているコンビニとはいえ、多少は。店員からの目、居合わせた客からの目、外を歩く通行人からの目…。それでも商品の会計を済ませて、灰皿が置いてある所定のエリアでタバコを吸いつつ、今から向かう目的のTSUTAYAまでの無駄に遠回りなルートを頭の中で組み立てていると、その頃にはすっかり恥ずかしさがなくなりました。むしろ自信満々の態度で誇示していました。フードを被っている自分を。主に妙齢の女性相手に。そしてフードを被ったまま愛車のSUVに乗り込むと、アスファルトタイヤを切りつけながら仙台市内を走り抜けたのです。1人では解けない愛のパズルを抱いて。そう、GET WILDでした。

ちなみに運転中もずーっとフードを被っていましたが、左右確認に支障をきたさないレベルであればフードを被ったままでも物理的に問題ありません。法的にはわかりませんが。でも実際にそうですねー、10月にフードを被ったまま高速道路も運転したので大丈夫です。仙台から郡山まで往復で。トータルで約240kmほどを。ええ。そもそも運転中に豪快に左右および後方を確認することなんて滅多にないのですから、前方の視界さえセーフティーに確保出来ていればアレですよ。


それでこの夜以降、髪をセットしている時を除いて、UNUSEDのスウェットパーカー着用時は大体毎回いつもフードを被るようになりました。

まあ、最大のメリットとして暖かいですね。フードを被ると。やはり。

言うなればネックウォーマーとイヤーマフの役割を簡易的に果たしてくれるので、冷え込みが厳しい屋外でもそこそこ快適に過ごせます。ただし仙台市内中心部、および近郊に限りますが。あとは天候の急変にも対応できますかね。雨、雪、それから風。被ってさえいれば安心です。凌げます。

逆にデメリットはといいますと、どうでしょうか。

それほど周囲の音が聞こえづらくなることはありませんし、無駄にDQNに絡まれることもありませんし、警官から職務質問されたこともまだありません。だから自分が思っていたよりもこう、フードを被っていても恥ずかしくはないし、不便でも不審でもない。むしろ折角付いているフードを被らずにいるのは非合理的だともアレしました。それとアウターとのバランスというか、フードの座りが悪かったり、だぶついてポジションが安定しない場合はいっそ被ってしまった方が楽だったりもしますね。

関係者各位にも概ね好評のようでして、友人のSZK夫妻の妻の方からは「なんかラッパーみたいだね!」と言われ、中学校の後輩で今も一緒にバスケをしているSGWRからは「フードなんか被ってラッパーでも目指してんすかwwwww」と言われ、仕事関係の先輩MNRさんからは「一次会でも二次会でもリーモがいつフード取るのか楽しみにしてたんだけど、結局最後まで取らなかったなw」と言われました。ノーコメントだった関係者も多数おりますが、ファッションや個性の1つとして受け入れて頂いていると好意的に解釈しておきます。

でも唯一、母親からは「アンタさ、そのフード被るの怖いからやめてよ」とか「それじゃ危ない人みたいよ」とか「心臓に悪い」とか散々言われています。はい。

かくして、すっかり定着したUNUSEDのスウェットパーカーとそのフードを被ってオラつく33歳独身。来たる秋冬シーズンに向けて、8月にまたもUNUSEDのスウェットパーカーを購入しました。

f:id:sendaisaruin:20171208192554j:plain
・US1152
これまた16AWのスウェットパーカー。さらにこれまた左のグレーですね。サイズも2です。リバースウィーブ仕様の極めてシンプルな無地のスウェットパーカーなんですが、ぶっちゃけChampionのそれそのものです。

ブランド古着屋で格安で売られていたので購入してみたのですが、当初はサイズ感もフードの被り具合もいまいちしっくりこなくて手放そうと考えていました。しかし、9月下旬ぐらいにふと思い立って着用してみたらば急激にしっくりきまして、結局手放すことなく着続けています。勿論、フードを被って。見た目からして鮮烈なグリーンと違い、こちらは最も着回しの効くグレーなので普段使いにも重宝していますね。

インパクト抜群のグリーンと汎用性に優れたグレー、この相反する2つのスウェットパーカーがあれば今シーズンはもう安泰だと思っていましたが…。

f:id:sendaisaruin:20171208192658j:plain
・COACH HOODY COTTON SWEAT OVERDYED
さあさあさあ、ここで真打ちnonnativeの登場です。先月に東京は中目黒のvendorで購入してきましたスウェットパーカーです。

シーズンテーマに沿って全11色という怒濤のカラーバリエーションで展開されたスウェットパーカーなんですが、まあ、そこまで惹かれませんでした。当初。袖リブと裾リブが短く作られているし、定番のカンガルーポケットでもないし、なんかちょっと独自性が強すぎるというか、スウェットパーカーとして邪道すぎるんじゃないかと思えて。正味の話。しかし、10月下旬に別件で郡山の取り扱いディーラーに足を運んだ際、ショップスタッフに勧められるがまま試着してみたら存外悪くなくてですね。ただ郡山での購入はあえて見送り、そこは満を持して中目黒で購入したと。

カラーはLAVENDERです。ラベンダー。薄紫色ですかね。

オフィシャルの画像以上に、実物はもっと綺麗な発色です。だいぶ目立ちます。郡山で試着したAGAVE(グリーン)もすごくよかったのですが、色味的にガチャピンぽくなってしまうのでLAVENDERを選びました。vendorだけに。はい。

サイズは1です。郡山では2を試着したのですが、vendorでは1と3しか在庫がないと言われたので1にしました。とはいえ、身幅が60cmもあるUNUSEDのスウェットパーカーを着慣れてしまっているせいか、本来的にはジャストサイズであるにも関わらず若干窮屈には感じました。それは今も着用する度に感じています。この上なく。ラグランスリーブなので可動には差し支えありませんが、身幅がちょっとですね。昨年に引き続き同行してくれた首都圏在住の後輩ONDからはサイズ3の試着も進言されましたが、着丈的にも裄丈的にも1で問題なかったので押し切りました。

それでいざ仙台のストリートでnonnativeのスウェットパーカーのフードを被って絶賛オラついている真っ最中かと思いきや、実はそうでもありません。

フードを被ること前提で新たにスウェットパーカーを購入したのですが、思っていたよりもキツすぎて被れなかったという。まさに本末転倒、最悪のパンチラインです。

そうですね、vendorでの試着時にフードの被り具合は確認しました。当然。でも「(ちょっとキツいけど大丈夫だね…^^)」程度であっさり購入を決めたのがダメでした。安易でした。まあ、事実として1では相当キツいです。キャップの上からともなると殊更。ペニスの大きさに合わない小さいサイズのコンドームを無理に装着したとでもいいますか、そもそも余裕があるからキャップの上から被っても様になるわけでして、余裕がないものを無理に被っても不格好になるだけじゃないですか。いや、これならONDの進言通りに3も試着してみるべきでしたね。実際に郡山で2を試着した時は、普通にキャップの上からフードを被れたので。ええ。でも、あの時も1ほどではないですが多少キツかったでしょうか。UNUSEDのスウェットパーカーのようにガバッと被れる感じではなかったですねー。海外の取り扱いディーラーのモデルは3でさらっとフードを被っていましたが、だからといって3にすると今度は着丈が長くなってしまうだろうから難しくありまして。ああ、無情。


というわけで、わざわざ東京で購入してきたスウェットパーカーのフードを被ろうとしたけど被れなかったという話でした。

nonnativeのスウェットパーカーは仕方がないのでフードを被らずに着用しています。

このブランドでこのカラーだからこそ被りたかったのですが、こればかりは僕の不徳の致すところ。痛恨の極みです。とはいえ、アイテム自体はとても気に入っているので満足しています。ちなみにポケットはサイド部分、丁度へそに当たる中央の位置に仕切りがあってセパレートされています。通常のカンガルーポケットよりは容量が大きく、ポケットの中に入れた物を落とす心配もなさそうな安心安全のディテールとなっています。

UNUSEDのスウェットパーカー2点は相変わらずフードを被って着用しています。

インスタ等でファッション的にイキりたいマッシュヘアーのウンコ大学生どもに悪い意味で人気を博しているUNUSEDですが、まあ、おしなべて糞ダサいから全員死ねって感想しかありません。杜の都が誇る33歳独身の孤高のファッショニスタから言わせてもらえばそうですね。UNUSED自体は好きですよ。

それと昨今はスウェットパーカーではなく、フーディーと呼ぶのが主流みたいでアレですね。nonnativeでも17AWからPARKERからHOODYに変更されたぐらいですからねえ。まあ、僕としては世代的にもパーカーでいいですね。やはり。

そういえば、以前交際していた激安中古肉便器の女子大生は頻繁にスウェットパーカーを着ていたので、唐突にフードを被せるいたずらをよく仕掛けていました。アーケード街で、ショッピングモールで、自室で、車内で絶妙なタイミングを見計らいながら。そして大体毎回いつもまんまとフードを被せられ、一瞬驚いた後に「もー、ダメだよリーくんてばw」とフードは被ったままで無邪気に微笑みかけてきたものですが、あれから8年近くが経過して今では自らスウェットパーカーのフードを被るようになりました。エモーショナルです。

今日からSENDAI光のページェントも始まりましたけれど、僕は周辺を運転中に車内から眺めるだけでしょう。UNUSEDのスウェットパーカーのフードを被りながら。