仙台猿員

健全なブログを心がけます

センテンスサマー

ブログを始めてからひと月以上が経過…。

以前の日記でもさらっと触れましたが、僕のブログキャリアは12年にも及びます。ブログブームが巻き起こっていた2005年の夏、洋楽エモ、パンク、パワーポップ等のCDレビューを中心としたブログをlivedoorで始めてみたものの、何が気に食わなかったのか僅か4日でやめました。今もって理由はわかりません。

しかし、すぐさまSeesaaでアカウントを取得して、本格的にブログをスタートさせました。当初はCDレビューが中心でしたが、アクセス数の伸び悩みや色恋沙汰による精神的ダメージ等々から、CDレビューそっちのけで不条理な世の中や人生の不平不満を嘆くような内容に様変わりしていきました。今にして思えば、自分のブロガーとしてのフォーマットが形成されたアレでしたね。そこから幾度か模様替えというかスクラップビルドというかをしつつ、同時進行でFC2でも別のブログを運営したりしながら、遂にキャリアの中で最長となったブログを完成させるまでに至りました。


キャリア最長となったブログは2008年4月にスタートしました。

2009年8月をもって一旦休止するも、2010年9月に再開。それからは2014年10月まで更新を続けて、しばらく放置した後、2015年7月に完全削除という形で終了させました。

そうですねー、一体どのようなブログだったのかと言いますと、過去のブログの失敗を糧に「アクセス数なんて気にせず、自分が本当にやりたいブログを作ろう^^」と大々的に開き直り、己の趣味や思想や嗜好を性癖を惜しみなくフルオープンにしたマザーファッキンビッチなブログでした。今と大して差異はありませんね。はい。しかし、本来的には憚れるような性的表現や卑猥な文言、或いは非常にバイオレンスな猟奇的表現等々も包み隠さず連発していたのが奏功?したのか、それなりに熱心な読者を獲得することに成功しました。

さらに当時はまだmixiが隆盛だったことも手伝って、読者の方からメッセージが来たり、僕がたまたまメッセージを送った相手がたまたま読者だったり、ブログ関係なく新たにマイミクになった人がそのまま読者になってくれたりもしました(※マイミク限定公開の日記にのみ、ブログのURLを載せていたので)。それでmixi経由で熱心な読者の方々とも実際に会って交流まで果たしたりと、なんというかブロガー冥利に尽きるアレでしたね。

実際に会った読者の方々の内訳は男性2名、女性4名。全員サシです。で、その内の1名がそうですね、今もなお受精するまで膣内射精レイプを繰り返した上で息の根を止めてやりたい例の女子大生になります。とはいえ、読者の女子大生と交際にまで発展してセックスとか実際、結構すごいことではないでしょうか。クソみたいな激安中古肉便器だったけどな!!!!!


それがどうしてやめたのかと問われますと、年齢と周辺の環境の変化でしょうかね。

スタート時の2008年はまだ24歳でしたが、2014年には30歳になりました。そこで稚拙な文章ながらも勢いだけは一丁前でやたらエネルギッシュだった25歳頃だったり、未曾有の大震災を経験して悪い意味で思考がキレッキレになっていた27歳頃の内容と比較すると、衰えというか隔たりというか、熱量やモチベーションの低下ともいいますか、とにかくそういった哀切を感じてしまいまして。ええ。

あと周辺の環境の変化についてですが、震災以降から仕事でもプライベートでも関わる人間やリレーションが増えていき、「(あの出来事を題材にしたいけど、〇〇ちゃんはこのブログ知ってるからダメだね^^;)」とか「(この過去のブログをもし△△くんや◇◇さんに読まれたらヤバいなあ^^;)」とかとか、それが結果として内容の幅を狭めてしまうことになり、さらにはブログが存在すること自体が危ぶまれる事態になってしまったと。まあ、複合的云々が重なって好き勝手出来なくなったということで理解してください。

・30歳を過ぎた今の自分の状況に見合ったブログを運営する
・誰にも教えることなく、完全にゼロからひっそりと再スタートする

そうして僕は新たなブログの展望を具体的に描きつつ、沢山の思い出が詰まりに詰まったキャリア最長のブログを終わらせることにしたのです。


それから2年間の沈黙を経まして、今夏にようやく当ブログをスタートさせたのかというとそうではありません。

ただでさえ自己顕示欲や自己承認欲求が強い僕ですから、やはりインターネット上で何かしら自分というものを発信していないと気が済まないわけです。それに末期はあれだけ更新するのに四苦八苦していたにも関わらず、満を持して終わらせた途端にブログで伝えたい、表現したい、訴えたいような出来事が次々に起こるという皮肉ぶり。あとは文章を作ったり考えたりすることがなくなった日常に空虚を感じたりもしまして…。

その為、2017年4月に開始する予定を大幅に前倒しにして、2016年8月に新ブログをスタートさせることにしました。

前身ブログ同様に趣味や思想や嗜好や性癖フルオープン、性的表現や猟奇的表現も包み隠さずに連発しつつ、30代独身彼女なしならではの孤独や諦観もフィーチャーしながら意欲的に更新に励みました。懸念だった長期のブランクもいざディスプレイやキーボードと対峙すれば何のその、全盛期を彷彿とさせるタイピングで次々と作り上げるセンテンス。充実するコンテンツ。

しかし何ということでしょう、僅か2ヶ月で敢えなく終了という憂き目に遭いました。

最大の理由はそうですね、女子大生へのアプローチに失敗したことによる精神的ダメージですね。頭の中に文章が浮かんでいるのに、それを文字に起こすことが出来なくなってしまったのです。だからやめました。女子大生殺す。あとはブログ用に新調予定だった肝心要のタブレットPCも直前(7月末)の購入になってしまうなど、諸々の準備不足も祟りました。さらにブログ名やテンプレートや細かい仕様もまあ、前身ブログとほとんど大差ないものだったりと、結局抜け出せなかったというか引きずっていたというかで…。


それで半年後の今年4月、またも新ブログをスタートさせました。上記の反省を踏まえて。

やはりこれまた前々身ブログ同様に趣味や思想や嗜好や性癖フルオープン、性的表現や猟奇的表現も包み隠さずに連発しつつ、30代独身彼女なしならではの孤独や諦観もフィーチャーしながら意欲的に更新に励みました。女子大生への殺意や恨み節が想像以上に苛烈を極めたものの、今回は事前準備を万端にしていたこともあり、前身ブログにはなかった抜群の手応えを感じられました。滑らかなタイピングで紡がれたセンテンス。狂気と化したコンテンツ。更新時の達成感はプライスレス。

でも、これまた僅か3ヶ月で敢えなく終了しました。はい。

人生に支障をきたすような多大な精神的ダメージはありませんでしたし、頭の中に浮かんだ文章を難なく文字に起こすこともできました。ブログ名はカタカナ18文字から思い切って漢字4文字、テンプレートや細かい仕様もかなり変更して臨んだにも関わらずダメでした。

まあ、過去のブログとの大々的な差別化を図ったにも関わらず、変わらずSeesaaで続けているという姿勢に疑問を持ったというか何というかが最大の理由でしょうか。ええ。

当初は他のブログサービスへの移行も検討していたのですが、10年以上の継続的な利用と各種操作への慣れから、やはり今更他のブログサービスに移るのは面倒ということでSeesaaでの運営を選択しました。しかし、結局それではブログだけ新しくしたところで何も変わらないし、どうせだったら新しい環境で新しいブログを始めてこそではないか――と思いまして。6月下旬に、突如。

そして、はてなブログに移って"仙台猿員"を始めるに至ったのです。

ちなみに6月までSeesaaでやっていたブログも"仙台猿員"でした。ブログ名は気に入っていたので、これはそのままでリスタートすることにしました。検索するとまだSeesaa時代のブログも表示されます。見れませんが。


興味のない方が圧倒的大多数だと存じますが、当ブログが作られるまでの経緯でした。

ぶっちゃけそうですねー、はてなブログって意識高めなイメージがあっていまいち苦手だったのですが、はてなブログを始めたい人向けの紹介ページにあった"はてなブログは、あなたの「書きたい」気持ちに応えるブログサービスです"というフレーズにすごく惹かれて利用することにしました。

利点はと言いますと、検索に引っかかりやすいことでしょうか。

7月28日に始めて、8月1日に検索してみたらもうグーグルで表示されました。話には聞いていましたが早いです。更新頻度も関係しているとは思いますが、Seesaaの方は検索に引っかかりにくかったと述懐します。

内容の善し悪しは別としまして、やはり不特定多数の方々に自分のブログを読んで欲しい、自分のプロフィール等々を知って欲しいからこそブログを運営しているわけで、検索に引っかかりやすいならそれに越したことはありません。アクセス数の多い少ないは然して気にしませんので、とりあえず類は友を呼ぶで自分と馬が合うような方を掬うことができればありがたいです。まあ、そういった意味ではブランド名やアイテム名、バンド名やアーティスト名等々の特定のキーワードを組み込むことに注力しているアレはありますね。

まだ全然使いこなせていませんが、編集機能もかなり充実していますね…。

記事投稿画面にはトータルの文字数も表示されるのですが、これが大体毎回いつも4500~5000文字ぐらいでまとめられていて我ながら感心します。一般的に4500~5000という文字数が果たして長すぎるのかどうかはわかりませんが、むしろSeesaa時代のブログは現在の2倍以上の文字数だったと思うので、今ぐらいで丁度ベターかもしれません。それと昔はあまり馴染みのない難しい漢字をぶち込んだり、下手にユーモラスな比喩表現にもこだわっていたりしましたが、今回からそういった無理はしなくなりました。詰め込みすぎていた感もあり、すっきりと読みやすさ重視です。

感嘆符や顔文字も以前は頻繁に使用していましたが、感嘆符は意図的に減らして、顔文字も自分のセリフ内のみに限定。全体的に淡泊な印象を与えるかもしれませんが、逆にキチガイ感が際立って悪くはないかと。

さて冒頭でも記しましたように、始めてからひと月以上が経過しました。
昨年同様、ブログの更新および文章の作成に明け暮れたサマーシーズンでした。

まだ現時点ではまあ、コンスタントに読んでくれている方がいるかどうかは不明瞭ですが、さしあたり当面は年内を目標に更新を続けていきたいですね。来年の1月1日時点で現存している否か、2回連続で短期間で終了という悪夢を乗り越えたい次第です。それ以降はそうですね、読者の女子大生とオフパコできるように頑張ります。はい。