仙台猿員

健全なブログを心がけます

リーモさんは揃えたい

結局、セットアップで揃えました。

f:id:sendaisaruin:20190415204347j:plain
・DWELLER 5P JEANS USUAL FIT COTTON OXFORD OVERDYED
2月に中目黒のvendorで購入してきた19SSのアウター(WORKER JACKET COTTON OXFORD OVERDYED)と同生地のボトムスです。カラーは当然ベージュ。サイズも2。

まあ、単体でも十分に着回せるカラーとデザインですし、当初は同生地のボトムスを購入してのセットアップには消極的でした。もとよりアウターに関しては、第1候補のHUNTERと第2候補のRIDERにフラれて、とりあえず試着してみた第3候補のWORKERがたまたま自分にハマっていたという経緯でしたからねー。端からセットアップを前提に購入したわけではなかったのです。

sendaisaruin.hatenablog.com
だからアウターと同日発売でルックでも使われていたリブパンツ、それか某店舗の事前入荷情報にひっそり載っていたUSUAL、どちらかいずれワンチャンあれば購入しようかな程度にしか考えていませんでした。セットアップで揃えてしまうとセットアップでしか着用しなくなるアレもあり、そこまでセットアップに拘泥することもないだろう、と。

しかし、そこは12SS(DRIFTER)、13SS(PEDALER)、14SS(DWELLER)、15SS(PILGRIM)、17SS(上CLERK、下ADVENTURER)、18SS(MANAGER)と春夏シーズンは16SSを除いて大体毎回いつもセットアップで揃えてきたレペゼン仙台nonnativeガチ勢。使命感に駆られるというか、ある種の偏執狂というか、ほとんどビョーキともいうか、やはり同生地のボトムスが存在しているとついつい揃えたくなってしまうのです。似合うか似合わないかはさておいて、折角だからとか、どうせだからとか、ついでだからとか、ギャンブル感覚で安易に揃えたくなってしまうのです。試してみたくなってしまうのです。たとえ失敗に終わったとしても、購入しないで後悔するよりは購入して後悔した方がいいじゃないですか。失敗は成功のマザーファッカーともいいますからね。というか、一度気になってしまったらもう購入しないと気が済まない。これがガチ勢の生きる道。ガチ勢のガチ勢たる所以。

ちなみに残存しているセットアップは17SSと18SSのみであとは手放しています。
それと17SSはショートパンツ(FARMER)とキャップ(ROAMER)まで揃えました。

で、同生地のボトムスを購入してセットアップを完成させることにしたのですが、その時からすでに本命はUSUALでした。

リブパンツはそうですねー、股下が長くてテーパードがキツすぎない緩めの裾リブは好印象でした。ルックでもリブパンツとのセットアップだったこともあり。ただ、社会の窓がないんですよね。バックポケットも右側のみ。そして、フロント左腿部分に無駄にレザーの引き手が付いた謎ポケット…。まあ、正直言ってこの不便なデザインで30000円はさすがに見合ってねーな、と。気に入って穿いているという方には大変申し訳ないですが、はい。

また、USUALを待っている間に同生地のCLASSICも発売されたのですが、CLASSICよりは穿き慣れているUSUALの方が最優先ということで、ひとまず保留としておきました。


そして3月中旬、USUALの発売が公式よりアナウンスされました。

前述の某店舗はサイズ2の入荷がない為、ここは手早く直営ECで購入することに。しかし、その直営ECがまさかまさかの未入荷ときました。時間を置いてから再度アクセスしても、新着入荷のページを何度リロードしても、僕が欲していたUSUALが表示されることはなく―。

そもそもが19SSはUSUALの型数自体が少なく、伴って入荷している店舗も少ないという状況にあります。

NN-P3501(OW)→5
NN-P3505(VW)→1
NN-P3509(OXFORD)→2
NN-P3511(C/L TWILL)→2

アイテム名を打ち込むのが面倒なので品番にしましたが、ええ、ガチのマジでこれだけですからね。型数と本日時点で入荷が確認できる店舗数。入荷情報を出さなくなったvendorに関しては不明瞭ではありますが、超が付くほどのド定番モデルである3501(OW)を除いてあまりにも少なすぎる。酷い。

直営ECでも入荷したのは3501(OW)のみ。大体さー、直営ECなら全型すべからく用意しとけやボケが。何のための直営だよ。ふざけてんのか。マジで舐め腐ってるわ。いや、それにしても僅か4型ですよ。4型。素材やカラーによって好みのアレを選択する自由や楽しみが失われてしまっている。その上、購入可能な店舗まで極端に限られてしまうという二重の苦しみ。僕と同じUSUAL派の受難を思うとそうですよ、USUAL派は今こそ声を上げるべき。

まあ、ここまで型数が減ってしまったのは、17SSに登場したDROPPEDと18AWに登場したCLASSICの影響によるもの。そこにさらにTAPEREDまで存在しているとなれば、そりゃあ減るに決まっています。こうも種類が増えてしまっては致し方ありません。

・TAPERED
NN-P3503(OW)→5
NN-P3507(VW)→3
NN-P3513(C/P TWILL)→2
NN-P3514(KATSURAGI)→2
NN-P3515(C/P OXFORD)→4
NN-P3516(SERGE)→1

・DROPPED
NN-P3504(OW)→11
NN-P3508(VW)→11
NN-P3517(KATSURAGI)→6
NN-P3518(SATIN)→4
NN-P3519(DOUBLE)→5
NN-P3520(PIQUE)→3
NN-P3521(LEATHER)→2

・CLASSIC
NN-P3502(OW)→4
NN-P3506(VW)→2
NN-P3510(OXFORD)→2
NN-P3512(C/L TWILL)→3

というわけで、ついでに調べてみました。

まずはUSUAL以上に根強いファンがいるイメージが強いTAPEREDですが、そうやって買い支えられることでUSUALよりも多い6型のリリース。入荷しているも店舗数もそこそこありますね。ちなみに僕は16AWに購入したのが最後です。それが最良だという方に買い支えられているのでしょうけれど、ピチピチのパツパツすぎてリーちゃんもぅマヂ無理。

続いてのDROPPEDは現在最も支持を集めているタイプだけあって、全7型のリリースと最多。特にOWとVWの入荷店舗数が二桁と突出しています。腰回りはわりと緩めで膝下からギュッとテーパードがかかるのがDROPPEDの特徴。言うなれば膝から上がUSUALで膝から下がTAPERED、そのことから両方の派閥は勿論、新規の方にもウケがいいのかもしれません。僕も最盛期は5本ほど所持していましたが、40へのアラウンドを機にボトムス類を見直した結果、現在はたった1本を残すのみとなりました。しかも、DWELLERではなくEXPLORERという。

ラストは18AWに登場したばかりのCLASSICなんですが、翌シーズンにはUSUALと同じ4型のみとすでに存在意義が問われ始めている状態に。18AWに全型入荷していた店舗が一切入荷していないなど、あまり芳しくはなかったのでしょうね。評判とか売れ行きとか。僕も昨年に旅先で購入したのですが、結局1度も穿くことなく手放しました。ジャージ(NN-P3447)の購入によって出番が皆無となり…。

なお、すべて品番で検索をかけたので、きちんとアイテム名で検索をするともう1個か2個ぐらい店舗数がプラスされるかと。

で、頼みの直営ECには入荷すらないときました。

どこかがニッチな需要に応えて入荷していないかと虱潰しに探してみましたが、発売から1週間近くが経過しても入荷の痕跡すら見当たらない有様。最終手段としてvendorにも問い合わせてみましたが、その返信内容は"完売"という非情なものでした。というか、幾ら全国のnonnativeユーザーの聖地とはいえ、NN-P3509の全色全サイズが即日完売するなんてまず有り得ないので単純に入荷自体なかったと思います。

vendorでも完売という名の未入荷では、もはや入手は困難。
NN-P3509の購入は極めて絶望的な状況にまで追い込まれたのです。

だからそうですね、ここらでUSUALを諦めてCLASSICを購入してみました。NN-P3510ですね。ところがそのNN-P3510、諸々の理由から60秒で放出確定というアレに至りました。まあ、ウエストがキツいとか、股上が無駄に深いとか、それなのに股下が短く設定されているとか。とにかく全体的に不格好なボトムスで、気に入って穿いているという方には大変申し訳ないですが、僕はダメでした。合いませんでした。待望のセットアップが完成するはずだったのに、心の底からがっかりしました。がっかリーちゃんでした。そして、NN-P3509を入荷してくれない全国の取り扱い店にも絶望しました。マジで絶望ビリーモでした。得る熱まさにデスパイレーツ、贖う法律ゲームでした。

さて、そんなCLASSICの失敗から3日後、昼休みに何気なく伊勢丹メンズの入荷情報を見ていたら衝撃が走りました。なんとNN-P3509、もといDWELLER 5P JEANS USUAL FIT OVERDYEDが入荷しているじゃありませんか。早速電話して在庫を尋ねたところ、ベージュのサイズ2は1点のみ在庫ありとの回答。そりゃあ、そのまま代引きで即発送してもらうに決まってますよね。はい。

こうして急転直下、無事に購入することができたわけですが、やはり実際に穿いてみるまでは結構不安でした。

しかしNN-P3509、ウエストも股上も股下もすべてノープロブレム。まるで僕の脚に合わせて作られたのかような完璧なシルエットときました。これぞまさしく失敗は成功のマザーファッカー、伊勢丹にまで電話した甲斐もありました。そう、だからもっと入荷してくださいよ。USUALさあ。全国的に。TAPERED、DROPPED、CLASSICや他の各種ボトムスとの兼ね合いで致し方ない部分はあるでしょうけれど、そこで敢えて入荷してこそ「欲しかったUSUALがこの店にだけ入荷してた^^v」→「今度からこの店で優先的に購入しよう^^b」とかなるんじゃないの?〇〇円以上の購入で送料無料とか、常時ポイント〇〇%還元とか、条件次第ではありますが。それにサマーコレクションで発売されたUSUAL、NN-P3549だって直営ECで結構売れてるじゃん。決して需要は少なくないんだよ。どうして入荷しないの。猫も杓子もDROPPEDばかりでもうさあ、僕はうんざりですよ。本当、19AWこそはお願いしますよガチのマジで。


そんなこんなでリーちゃんがセットアップを完成させるまでの経緯に一同驚愕涙が止まらないでした。

NN-P3509の購入には歴代でもTOP3にランクインするぐらい苦労しましたが、ひとまず結果オーライでしょうね。で、先日に榴岡公園で花見をする機会があり、ここぞとばかりにセットアップで行ってきたのですが、やはり上下ベージュだとかなり目立つというか浮きますね。それにこのセットアップ、重々承知してはいたけれど完全に作業着。工員とか清掃員とか受刑者とか、イメージ的にはそういったアレです。ユニフォーム感ともいいますか。とはいえ、そこは圧巻のブルーカラーフェイスとシリアルキラーフェイスを持ち合わせている僕ですので、より説得力やリアリティをもたらす着こなしが云々。

それにしてもNN-J3503とNN-P3509のベージュの組み合わせは、地球規模でみても唯一僕だけではないでしょうか。まあ、どうせセットアップで揃えるならそういった稀少性なんかを見出してこそだとも思います。来月は北陸辺りにも出没する予定なので、目撃情報は当記事のコメント欄までよろしくどうぞ。

SENDAI FREEZE

WELCOME TO 1000DIE CITY…。

さて、4月ですね。新年度のスタートと共に新元号も発表され、さらには異動やら改正やら改編やら忖度やら開花情報やら何かと慌ただしい今日この頃。

で、そんな平成最後のエイプリルから、ここ仙台という新天地で新生活が始まったという方はとても多くいらっしゃることでしょう。そこはやはり進学や就職に伴い、新入生や新社会人として。あるいは転勤だったり、転入だったり、転職だったり。海外からの留学生もアレですかね。ええ、とりあえずはこのイカれた街へようこそ―。

まあ、まだ新しい環境に慣れない内は期待よりも不安の方が大きいかと思います。僕も10ヶ月ほどで辞めて戻ってきたのですが、15年前に転勤で愛知県に行った経験があるので理解できますよ。そこの辺りは。多少。

そうですねー、そもそもの会社自体がハイパー超絶ブラックとして、現地にはゴミカスみたいなパワハラ型無能上司が2名もいました。当時で25歳の男と38歳の女。僕が来る前からすっかりデキていたみたいで、2人で巧妙にシフトを合わせて頻繁にラブホに行っていました。死ね。で、半年が経過した頃に両名とも飛ばされていなくなると、そこから実権を握った僕が最悪だった売上をV字回復させ、そして辞職―。リーちゃんカッコいい!!いや本当、あの時分は毎日が結構な地獄絵図でしたよ。無能上司のせいで2ヶ月連続で休日が1日だけとか、客同士が喧嘩を起こして流血沙汰とか、トラブルばかり起こすアルバイトとか。そりゃ辞めるわ。とはいえ、そんな中でも栄や大須でのショッピングを満喫したり、近場のコロナワールドでエンジョイしたり、同い年の新入社員(♀)と仲良くなって毎日のように夜中にドライブに出かけたり、東京にいた2歳上の同期の社員(♀)と毎晩電話口で好意を伝え合ってこれもう半分遠距離恋愛だろって関係になったり、一度だけ肉体関係を持ったメンヘラで色情狂のパートタイマー(当時29歳のシングルマザー)がマルチ商法に嵌まって堕ちてゆく姿を目の当たりにしたり…。

まだ20歳という年齢だったこともあり、当初は不安で不安で仕方なかったのですが、なんだかんだで上手く順応してそれなりに楽しく過ごすことはできました。いつの間にか名古屋走りも会得していました。はい。だからこう、人生わりと何とかなるところは何とかなってしまったりするので、新たに仙台市民となった皆々様方の御健勝と御活躍を云々。


ところでこの便利な情報化社会、行くとわかっていたら事前に調べておきますよね。仙台のこと。

15年前の僕はかなり急な転勤でしたので、当時の名古屋の主要セレクトショップぐらいしか調べずに愛知県に行きましたが、今日びは15年前と違ってスマホ1つあれば大抵の情報は収集できてしまうからアレですよね。仙台の何がどこにあるか、どこに仙台の何があるか。メジャーからマイナーまで。広く浅く、狭く深く。自分が欲しい情報をピンポイントで得ることが可能じゃないですか。

というか、大体において情報量が豊富な街ですからね。

宮城県の県庁所在地で政令指定都市でもあり、伊達政宗に牛タンに楽天(イーグルス)にベガルタ89ersに羽生に張本、あとは震災関連等も含めて全国的に知名度や注目度が高い街とくれば、それはもう必然的に。話題には事欠かないともいうか。そして、そういった多種多様な情報を内外に発信せんとする人間も多数存在することにより、ええ。

でも、その手の多くのブログやサイトはどこか上辺だけというか、当たり障りないともいうか、僕から言わせてもらえば"リアル"じゃないんですよね。

否、自己顕示欲全開の個人ブログでも、広告収入目当てのキュレーションサイトでも、仙台のリアルライフリアルハートな情報はきちんと伝えています。わかりやすく丁寧な文面で、画像も多めに。だけれども、如何せん"リアル"じゃない。僕が言わんとしたい"リアル"ってのは、俗悪とか、病理とか、醜態とか、不適切とか、不道徳とか。つまりは実情。現状。もしくは惨状。自家焙煎のコーヒーとケーキが美味しい路地裏のオシャレなカフェだの、合コンや女子会に最適な街中の隠れ家的イタリアンバルだの、ランチタイムには大行列だけど絶対食べたい人気ラーメン店10選だの、カップルで楽しめる仙台市内のオススメ夜景スポットだのさー、そうじゃねえんだよ。もっとこう日々の生活に根差した、5ちゃんねるぐらい悪質で爆サイぐらい横暴なガチのマジの生々しい情報こそが必要なんじゃないですか。本来的には。

ということで、本日はここ仙台で35歳独身の"リアル"を発信している僕がですね、このイカれた街の"リアル"ってやつを紹介しようじゃありませんか…。

・仙台の天気

仙台=雪が降らない、少ない、積もらない―これはガチです。ただし、市の東部と南部に限りますが。西部や北部は普通に降ります。積もります。だからこそ、東部と南部で10cmとか積もるとヤバいわけです。青森や秋田や山形の100cmレベル。もはや大雪。市内の交通機関がもれなく麻痺します。

とはいえ、今シーズンは全く積もりませんでした。

1月下旬に7cmほどは積もりましたが、2月には積もることすらなくですね。で、3月に入ってからもずーっと折柄の暖冬による春の陽気が続いて、このままの調子で4月を迎えるのかと思っていた矢先に雪が降ったのが先週の土曜日。3月30日ですか。水分を含んだ雪だったのでそこまで積もりはしませんでしたが、それでも市民の90%以上が予想だにしなかったであろうレベルで深々と降りました。すでにノーマルタイヤに替えていた方は阿鼻叫喚だったことでしょう。

4月に入ってからも楽天イーグルスのホーム開幕戦で降雪により試合が一時中断したりと、まあ、ある種のなごり雪だったのやもしれませんね。そして、ふざけすぎた季節のあとで、今、春が来て君は…。ともあれ、何が起きるかわからないのが仙台の天気です。はい。

今年は特段に少なかったとはいえ、シーズンに20cmとか30cmとか積もることも3年に1回ぐらいしかないので、東部と南部に住まれた方はそんなに警戒しなくても大丈夫かと。ただ、雪が降らない代わりに強風が吹き荒れます。気温も寒冷地だけあってそれなりに低いです。防寒はしっかりしましょう。

仙台=夏は涼しい、暑くならない―これはガセです。関東方面や関西方面よりは幾分マシかもしれませんが、普通に夏は暑いです。エアコン必須です。ちなみに昨夏はMAXで37℃を観測しています。なめてかかると死にます。台風もワンシーズンに最低1回は襲来します。温帯低気圧に変わる1歩か2歩手前ぐらいの規模の台風とはいえ、わりと深刻に被害を及ぼすので注意してください。それと梅雨がちょっと長いですね。そのまま空けないことも間々あります。ゲリラ的な豪雨は少なめ。

・仙台の交通

鉄道はそうですねー、JRと市営地下鉄ですか。JRは東北本線(南仙台~岩切)、仙山線(仙台~奥新川)、仙石線(仙台~中野栄)。地下鉄は南北線(富沢~泉中央)に東西線(八木山動物公園~荒井)。首都圏辺りに比べれば路線図もシンプルでわかりやすく、そこまで充実しているとは言い難いところです。

また、市営地下鉄は日本一運賃が高い。先月にも2回利用したのですが、Suicaに1000円チャージして往復で乗ると半分なくなりますからねー。乗り降りする駅にもよりますが、往復で500円とか600円はざらです。高いわボケが。しかしながら、僕は空いているという理由でJRではなく地下鉄を選びます。

そんなわけで仙台は車社会です。
車がないと何かと移動に不便ですし、行動範囲も狭まってしまいます。

ただ、運転マナーは最高に悪いですね。車間距離絶対詰めるマン、追い越し車線をトロトロ走行するマン、ウインカー出さずに車線変更するマン、ウインカー出さずに右左折するマン、一時停止で一時停止しないマン、信号機のない横断歩道で歩行者が待っていても絶対止まらないマン、赤信号でも平気で突っ込んでくるマン、コンビニワープマン等々、市内の道路には基本的にキチガイしかいません。自分も含めて、ドライバーは全員キチガイだと想定してセーフティードライブに努めた方がベターです。

僕もそうですねー、こちらに急ブレーキ踏ませるレベルで無理に路地から右折してきたアクアがいたんですよ。先週。で、その後も悪びれなくトロトロ走行していたものだから、とうとう痺れ切らして追い越しをかけることにしました。センターラインのない片道一車線の道路でしたが、追い越し可能な広いエリアに出たので。そうしたらそのアクア、追い越そうとした途端に速度を上げて幅寄せしてきやがったので、これにはさすがの温厚篤実なリーちゃんも激高。クラクション鳴らし続けながら車間ピッタリつけて煽りましたねー。2kmぐらい。はい。アクアとプリウスは基本的にクソ。レクサスはキチガイ

また、別の日に同じ道路で執拗に煽ってくるコンパクトSUVにブチ切れて、ブレーキ連発→完全停止→数秒経過してから発進→相手が追いついてきたらまたブレーキ連発という方法で応戦したりもしました。その結果、コンパクトSUVは煽るのをやめ、さらに後日に再び遭遇した際には距離を空けてきたからアレです。効果覿面。前述のアクアみたいにトロトロ走行していたわけでもないのに、それで一方的に煽られるなんて理不尽極まりないですからね。やり返すべき。

煽り運転が社会問題化している昨今ではありますが、この手の事案は煽る方にも煽られる方にも問題ありと痛感します。

運転マナーという点でいえば、自転車もクソですね。特に老人。

こちらが接近しているにも関わらず、自転車で道路の真ん中をふらふら走っている老人がいたので、プッと軽くクラクションを鳴らしたことがあったのですよ。以前。老人はクラクションで気付いて右に退避したのですが、そこで一旦自転車を止めると僕に向かって怒鳴り散らしてきましたからね。何を言っているのかまでは詳しく聞き取れませんでしたが、その様相から猛烈に怒っていることだけはわかりました。まあ、クラクションを鳴らされたことに腹を立てたのでしょうけど、そもそも道路の真ん中をふらふら走って後方確認すらしない老人が悪いだろこれ。親切に注意喚起してやったのに、どうしてオマエが怒ってんだよ。そんな権利ないだろボケが死ね。だったら外出んな。ふざけんなよクソ老害が。とっとと死ね。そう、仙台では自転車乗りも基本的にキチガイだと思った方が賢明ですね。予測不能な動きをするという点では、自動車よりも性質が悪い面もありますし。

でも、それを言ってしまうと歩行者も大概キチガイですか。

会話に夢中だったりとか、スマホを操作していたりとか、イヤホンを装着していたりとか、車の接近に気付かない歩行者連中辺りがアレですね。特に女。とりあえず市内は車道も歩道もキチガイだらけですので、自動車に乗っている時は自転車と歩行者に、自転車に乗っている時は自動車と歩行者に、歩行している時は自動車と自転車に、いずれのシチュエーションに於いても細心の注意を払ってください。

それと仙台、まとめブログ等で取り上げられている初見殺しの交差点も有名ですね。

右左折レーンを含めて怒濤の片側8車線を誇る箱堤交差点と六丁の目交差点、片側6車線と特異な設定が混乱を招く五橋交差点、難易度の高い変則五差路を有する宮沢橋交差点…。取り上げられるまではこれが当たり前だと思って走行していたのですが、他県の方からすれば頭おかしい構造みたいですね。是非味わってみてください。

・仙台の治安

治安はそうですねー、僕自身が善良な一般市民で危うきには近寄らない君子なものですから、今の今まで危険な目に遭ったことはありません。その為、そこまで良いとは言えないけれど、そこまで悪いとも言えないどっちつかずの印象です。治安。こればかりはもう時間と場所によるとしか。ええ。

とはいえ、人口が多ければ頭のおかしい人間もそれなりに多いので、ライトな犯罪からヘビーな犯罪まで日々何かしら発生しています。最近ですと、39歳無職の父親が7歳の息子を殺害した事件がアレでしたし、昨年の大学生による交番襲撃事件も記憶に新しいところでしょうか。

また、これは治安と呼べるものか判別しづらいところですが、仙台はとにかくいじめが多いですね。もはや全国有数のいじめ都市として定着している感すらあります。2016年から2017年にかけて立て続けに中学生がいじめによる自殺、昨年は県立高校の生徒が教師からの行き過ぎた指導(実質いじめ)で自殺、さらには小学2年生の娘へのいじめを苦にした母子心中まで起こるなど、ガチのマジでヤバいですよ仙台。僕の母校の中学校でも表沙汰になっていないだけでその手のいじめが起きた(※当事者から聞きました)そうですし、子供を伴って仙台に越してきた方は余計に心配でしょう。

仙台は都会特有のドライな雰囲気を醸しているように見せかけて、実際は地方特有のすこぶるウェットな"ムラ"なんですよね。だからこう、土着の仙台人は結構陰湿で陰険だったりします。性根が悪いともいうか。はい。僕は陰湿で陰険で性根が悪い仙台人の代表格ですが、だからといってすべての仙台人が陰湿で陰険で性根が悪いとは限りません。信用するに足る人間をきちんと見極められるようにしましょう。他県出身者でも朱に交われば赤くなりますからね…。

・仙台のメディア

まず、テレビ東京の系列局がありません。テレ東ファンの方は御愁傷様です。

あとは僕が定期的にディスっているFM仙台、この4月に大幅な番組改編が行われて10年以上続いていた昼のワイド番組がようやく終了したのですが、その後継の新番組に飲酒運転で事故を起こして局側に多大な迷惑を被らせた奴を起用するというキチガイぶりを発揮してくれました。中村マサトシですね。女川町出身の俳優とは別人ですが、俳優側からしたら風評被害も甚だしいでしょう。

局を挙げて飲酒運転根絶を宣言しているにも関わらず、飲酒運転で事故を起こした中村マサトシが昼ワイドのパーソナリティーですからね。水曜と木曜の2日間だけの担当とはいえ、こんなの女子高生への暴行で逮捕された奴を女子校に雇い入れるようなもんじゃないですか。いや、ちょっと違うか。しかし、これは酷い。普段は過疎っている5ちゃんのFM仙台スレでも否定的な意見が相次ぎましたし、そもそもこんな飲酒運転事故野郎の起用に喜んだ連中なんてFM仙台の熱心な信者と仙台の人口の2%にも満たないであろう中村のファンだけでしょう。放送初日にはクソボケゴミカス常連リスナーどもから中村に対する応援激励メッセージが多数寄せられていたりもして、やはり毎日朝から晩まで各ワイド番組に自分語りメッセージを投稿するような奴らって脳に欠陥抱えているんだなーって実感させられました。

しかしながら、そこは清濁を云々で面白い番組を放送してくれれば―というクソボケゴミカス脳欠陥常連リスナーなりの配慮もあるでしょう。過去は過去で十分反省して、貰ったチャンスをしっかり活かしてくれよと。ええ、いくらクソボケゴミカス脳欠陥常連リスナーでも中村マサトシの飲酒運転事故は知っているはずですし、伴ってFM仙台が掲げている"STAND飲酒運動根絶"だって…。

だからこそ、まだ日の浅いFM仙台リスナーや今後の新たなFM仙台リスナーの為に周知しておくべきなんですよ。こうやってブログで。本人が昼ワイドにまで進出してきて今更公言するはずがないですし、局側にダイレクトに意見陳述しても封殺されるに決まっていますからね。まあ、中村に特に恨みがあるわけではありませんが、個人的にただ不快なので。どこか舐め腐った喋り方とか。はい。

飲酒運転事故野郎の起用によって、FM仙台は良識あるリスナーを失いましたね。

一時は自惚れた自局自賛CMも流していましたが、それも今は昔。盛者必衰の理。終わりの始まり。AMへの切り替えも検討しましたが、そっちはそっちで野党系議員を2名も輩出しているような放送局なのでちょっとアレなんですよね。1人は反日活動だけして鬼籍に入りましたが、もう1人は現仙台市長だったりします。


ということで、天気、交通、治安、メディアの4点に絞って仙台の"リアル"を紹介して参りました。

本当はもっとグルメ、スポーツ、ショッピング、ファッション、心霊スポット等々についても書きたかったのですが、その辺は住んでいれば何とかなるのでやめました。文字数もだいぶ多くなってしまいましたが、特に新入学した女子大生に参考にして頂ければ幸甚ですねー。まあ、女子大生ではないにしても、仙台の情報を探るに当たってこのマイナーなローカルブログにまで辿り着く確率は極めて低いと思いますがどうでしょう。

仙台でも昨日桜が開花しまして、いよいよ本格的な春の到来といった次第です。まだ中途半端に寒いせいでヒートテックを卒業できずにいますが、とりあえず仙台の短い春を満喫できるようなイベントでもあればいいですね。何もなければないで、それもまた繰り返される諸行無常。よみがえる性的衝動。武装した夕暮れが行き着くところ、独身35歳。

中目黒心中

前回の続きです。

恵比寿駅のウエストゲートから駒沢通りに出て西進すること約20分、いよいよ次なる目的地である中目黒のvendorに到着しました。

生きとし生けるすべてのnonnativeユーザーの聖地であるvendor、そして僕も19SSの最新アイテムを購入すべく遠路はるばるやってきたのです。

当初は東京駅→恵比寿駅→(徒歩)→vendor→(徒歩)→恵比寿駅→五反田駅→東京駅というプランでした。しかし、東京駅→五反田駅→恵比寿駅→(徒歩)→vendor→中目黒駅→東京駅の方が明らかに効率的であると気付いた為、vendorよりも先に五反田のピンサロに行くことにしたわけです。そうしてピンサロで射精という名のリベンジを果たし、心身共にスッキリしてからvendorでのショッピングを楽しむ予定でいたのですが…。まあ、こればかりは仕方がないです。


ということで、丁度1年ぶりにvendorに入店したレペゼン仙台nonnativeガチ勢。

今回のお目当てはアウターでしたが、「(きちんと店舗で現物に袖を通して購入したい…^^)」と強く切望したことがそもそもの発端なんですよね。旅行。

弘前、大館、花巻、郡山、新潟、水戸、宇都宮、大宮、柏、中目黒―。仙台から自家用車か新幹線を使って日帰りで行ける範囲でnonnativeの品揃えが最も充実している店舗はどこかと考えた末、はい。そこは当然ともいいますか、やはり中目黒というアンサーに至りました。さらに中目黒から五反田までは距離的に遠くないこともあり、vendorついでにピンサロをぶち込んだ滞在時間340分の東京デイトリップが急遽実現してしまったという話です。はい。

まあ、そのピンサロでは結果としてイクことはできませんでしたが、とりあえずvendorではnonnativeは19SSの新作アウターを無事に購入することができました。

f:id:sendaisaruin:20190312215441j:plain
・WORKER JACKET COTTON OXFORD OVERDYED
本当そのまんまですが、コットンオックスフォード生地にオーバーダイ(後染め)加工を施したワークジャケット。いわば作業着です。ショート丈のボックスシルエットだったり、左右非対称に配されたフロントポケットだったり、ジャケットと同色のレザー製の引き手がついたダブルジップ仕様だったり、ディテールに関しては列挙しようと思えばそれなりにアレできますが、全体的にそこまでドカンと目を引くような特徴らしい特徴が見当たらない地味というかシンプルというかなアレでもあります。良くも悪くも。

ポケットは前述した通り左右非対称でフロントに2個、そしてサイドに2個。

フロントの左側はそうですねー、スナップボタン付きでスマホを収納するのに最適そうなポケットに見えますがこれ、実際は底が浅くて半分ほどしか収まりません。ダメです。しかし、タバコの箱は綺麗にすっぽり収まります。右側も同様。喫煙者にとってはありがたいポケットでしょうね。とはいえ、非喫煙者の方も色々と便利に使えること受け合いです。パスケース、ポケットティッシュ、ガム、キャンディー、ボールペン、切符、絆創膏、馬券、利尿剤、睡眠薬、コンドーム、コカイン、ウォン紙幣等々。INできる範疇でどうぞ。

サイドのポケットはスマホが綺麗にすっぽり収まる大きさで、左右ともに安心安全のスナップボタン開閉。落下等の心配はありません。ただ、ポケットの位置があまりに真横すぎる。傾斜がなく、手も物も中々出し入れしづらいときています。どうしてまたこんな真横に配置したのか。まあ、それを言ってしまいますと、今シーズンはポケットの位置にクエスチョンマークが浮かんでしまうアウターばかりですが。いずれも。はい。

ポケットについての説明が長くなりましたが、購入の決め手はやはり似合っていたからですね。これに尽きます。僕自身が作業着が似合ってしまうブルーカラー顔でもあり、スタッフのリアクションも断然良かったので…。

あと当日は18AWのボアジャケットを着用していたことで、デザイン的に似通っている19SSワーカージャケットが見事にハマったとも。

sendaisaruin.hatenablog.com

↑がボアジャケットの記事になります。
それにしても2シーズン連続でワーカーでベージュ、まるで会社から支給されたような感じです。2着でトータル130000円超という無駄に高級な作業着ですが。

ちなみにサイズは2です。直営ECでのサイズ2の着用画像(ベージュとネイビー)のように袖が足りていないなんてことはなく、ぴったりでした。Tシャツ+長袖カットソー+スウェットの上からでも着用可能。スウェットパーカーとの相性も◎です。薄手でボアがない分、着回しやレイヤードにはこちらの方が向いていますね。

こうしてワーカージャケットを購入したのですが、実は候補としては3番目でした。

本命はノーカラーのジャケットでした。HUNTER JACKET C/N OXFORDですね。ルックでのインパクトが強かったのか、立ち上がって早々に全国的に完売御礼。直営ECでもグレーやネイビーは瞬殺という人気ぶりでした。で、僕もそんなハンタージャケットを購入するつもりでvendorを目指したのです。それで無事に購入を果たし、"何か狩りたくて…春"というタイトルでブログを更新する予定でいました。ハンターだけに。

狙いのベージュは幸いにも店頭にありました。

話しやすそうなスタッフを捕まえて在庫を尋ねると、用意できるサイズは1のみ。とりあえず試着だけはします。後着丈よりも前着丈が4、5cmほど長めに取られているデザイン。着丈は問題ありませんでした。身幅も同じく。ただし、袖が幾分足りていない。許容できないこともないけれど、やはり気持ち足りていない。袖丈って着丈や身幅に比べると案外軽視しがちですが、アウターに関しては袖丈こそが重要。だって、袖が足りずに長袖のインナーがベロベロはみ出ているとか不格好じゃないですか。いや、袖が余りすぎて指先まで隠れるほどの萌え袖になっているのも気持ち悪いですけれど。女の子ならノープロブレムですが、ブサイク面の量産型ボリュームマッシュ勢とかだとキツい。死ね。で、さらにインナーが長袖から半袖になりますと、今度は袖の足りなさがより強調されて悪化の一途。誤魔化しがきかなくなるともいいますか。まあ、足りていない袖丈のプロブレムはサイズ2で解消されたことでしょう。しかし、肝心のサイズ2の在庫がなくてはどうにもならず…。

次点はライダースジャケットでした。RIDER JACKET P/R/P DOUBLE CLOTH STRETCHですね。ハンターとは対照的に入荷している店舗が片手で数えられるくらいしかなく、そういったアレから聖地であるvendorを頼ってみました。こちらも狙いはベージュでしたが、店頭に並んでいたのはチャコールのみ。在庫もサイズ1だけで試着すら叶わずという。ちなみにライダーを購入していたら"何か乗りたくて…春"というタイトルでブログを更新予定でした。ライダーだけに。

狩れず乗れずでようやくワーカージャケットの登場です。

たまたまハンガーラックに陳列されていたのがサイズ2だったので、「(在庫を確認後に持ってきてもらう手間が省けていいね^^)」と軽い気持ちで試着してみました。するとどうでしょう。着丈も身幅も問題なく、袖も十分に足りている。Tシャツ+長袖カットソー+スウェットの上からでも着ることができる。鏡の前に立った瞬間のインプレッションも悪くなく、むしろ怖いくらいに似合っているときました。さらにスタッフもワーカーの方を勧めてくれまして、はい。お買い上げです。

vendorを出てからはサイドウォークでスタンドせず、そのまま中目黒駅に直行。メトロの日比谷線丸ノ内線を乗り継いで東京駅に到着。残り110分。そこから八重洲地下街のアロマ珈琲に入って時間を潰し、あとは復路の新幹線でそのまま仙台に帰ってきました。


そんなわけで2月の東京日帰り旅行、中目黒vendor編でした。

目黒のさんまではありませんが、中目黒で購入するnonnativeは格別ですね。ええ。だからこそ、全国のnonnativeユーザーがこぞって中目黒まで訪れるわけですよ。vendor自体には何度行っても慣れませんが。

で、全国各地から訪れるユーザーと都内及び近郊から通っているユーザー、さらに通販で利用しているユーザーの存在も考慮しますと、各商品のサイズ欠けやカラー欠けは当然のアレでもありまして、vendorだからといって必ずしもnonnativeがフルラインナップで豊富に云々しているとは限らないということも知れました。形態はあくまでセレクトショップですからね。そもそも。でも、やはりガチ勢を自負するなら在庫や品揃えは気にせずvendorに行ってなんぼですね。今のこの時代に在庫や品揃えが不明瞭であることは逆に新鮮でもありますし。

nonnativeの19SSに関してですが、まだ今のところはワーカージャケットのみに留まっています。それは欲しいアイテムが皆無という状況ではなく、各カテゴリー毎にアイテムが揃っているからそこまで無理に購入せずといった次第。ただ、アウターだけは毎シーズン購入しないと気が済まないので、今回こうしてvendorまで直接出向いて購入してきたよって話です。

一昔前は沢山の購入レポで溢れ返っていた5chスレも、今では購入レポが稀で関係のない雑談とブランド叩きで進行しています。これも時代の流れでしょう。まあ、かくいう僕もブログで散々文句を垂れてきていますが、結局のところ桜吹雪にハラハラすがってnonnativeなしでは生きてゆけないアレです。もしこの先、ガチのマジで人生に悲観して自殺する時は全身nonnativeでキメますよ。あのメロディーが一番輝いていた夏に女子大生を巻き添えにして。中目黒心中。

イケない1人

2月下旬、東京は五反田の駅前にあるエクセルシオールカフェ、そこの喫煙フロアには失意に暮れながらアイス抹茶ラテを啜る35歳独身がいました。

そう、バレンタインデーの翌日に何事もなく35歳を迎えてしまった僕は、そんな種々のアレとリフレッシュ休暇という名目で東京に来ていたのです。そして―。

「(よし、東京行くか…^^)」

エクセルシオールカフェから遡ること5日前、35歳のバースデー当日。

えきねっとでの割引が適用される新幹線(やまびこ)の予約がまだ可能であったことから、熟考を重ねに重ねて東京行きの決断を下したのですが、いや、しかし我ながら本当に急でしたねー。スケジュールの都合や諸々のタイミングが上手いこと重なったとはいえ、それでも突発的というか衝動的ともいうか、とにかく急でした。はい。いくら日帰りとはいえ、こと旅行に関してはひと月以上も前から綿密に計画を立てるタイプの僕にとって非常に珍しいパターンです。かつてない展開。レアケース。

そうです、日帰りです。まあ、1泊ぐらいしても別段ノープロブレムではありましたが、それはそれで予算が嵩みますし、これからホテルを探すのも面倒でしたし、さすがにこうも急では後輩のONDも捕まらないと思ったので、ええ。あえての日帰り。SNS的にオシャレに英語で表現するなら#daytripですかね。デイトリップ。

そして、新幹線の関係から都内での滞在時間は340分となりました。

いや、発車時刻さえずらせば480分でも600分でも十分に確保できましたが、それだと今度はえきねっとの割引が適用されなくなるのでやめました。もしくは車両をやまびこ→はやぶさにすることでトータル120分ほどプラスにもできましたが、はやぶさは基本的に割引の適用外ですし、過去にはやぶさに2度乗車して具合を悪くした経緯から新幹線はやまびこにしか絶対乗らないマンと化しているのでもはやアレです。NGです。

というわけで、時間の余裕よりも運賃の割引を優先しての340分です。

そもそも340分で足りるのかよという話ですが、常日頃から無理なく無駄なくタイムスケジュールを組み、限られた時間内で合理的かつ効率的に動くことを得意中の得意としている僕からすればそうですね、340分もあれば足ります。300分でも不足なしです。まあ、親が仙台市内に複数の土地と不動産を所有している裕福な自営業の甘やかされ長男、近時のネットトレンドでいうところの所謂子供部屋おじさんだけに金には困っていませんが、交通費とか宿泊費とか変な場面で結構シビアというか吝嗇だったりするんですよね。アイアム。

そして、エクセルシオールカフェから遡ること2日前、前述のえきねっとで予約しておいた往復の切符を購入。また、仕事を予定通りに終わらせることは当然として、仕事関係の臨時収入として20000円を得たり、電車の乗り換えや発車時刻をインプットしたり、グーグルマップで当日に回るエリアの情報を入念に再収集&再確認したり、料金システムや出勤時間を改めてチェックしたり等々、今回の東京行きに関する全ての準備を整えてもおきました。

「(着いたか…^^)」

ということで、定刻通りに東京駅に到着。
340分間の東京旅行がいざスタートしました。


特にこれといった感慨もなく、東京駅のホームに降り立つ35歳独身。

新幹線の改札口を抜けると、颯爽とした足取りで山手線のホームに向かい外回りの電車に乗り込みます。そうしてエクセルシオールカフェから遡ること1時間前、僕は最初の目的地である五反田にやってきました。

まあ、五反田での目的といえばもう言わずもがな、昨年9月のリベンジですね。
sendaisaruin.hatenablog.com

やや緊張した足取りでピンサロに向かい、外にいた従業員と一言二言交わしてから、万感胸に迫る思いで階段をのぼっていきます。自動ドアが開くと同時にすぐ応対してくれたボーイにメンバーズカードを見せて、昨年9月に接客してくれた女の子の出勤を確認後に本指名。準備に15分ほどかかると言われましたがそれも許容の範疇、先に料金(7500円)を支払い、前回には入ることはなかった待合室で待つことに。

「(こんな真っ昼間から抜きにくる客なんて僕くらいかなー^^)」

非日常的な雰囲気を大いに味わいながら、わりと広い待合室の中で1人、ソファーにふんぞり返って紫煙をくゆらせるリーちゃん。そうして2本目を吸い終えた頃、先ほど応対してくれたボーイに呼び出され、準備ができたとのことでようやくフロアへ御案内。ちなみにピッタリ15分でした。

「(射精するぞ射精するぞ射精するぞ…^^)」

無事に射精してイコール、昨年9月のリベンジは果たされます。その歓喜と絶頂の瞬間をイメージしながら待つこと3分少々、季節は真冬なのにビキニを着用したパイパン微乳でロリ体型のあの子が満を持して登場しました。164日ぶりの再会です。宮崎美子が水着姿になるCMで流れていた曲が頭の中でリフレインする中、挨拶代わりに早速抱きついてみるとどうでしょう。2日前からオナ禁していた効果もあってか、マイペニスが一気にギュギュギュンッ!と痛みを覚えるぐらいに勃起するではありませんか。

これはもうGet Up、Stand Up―イクしかねえ。
ココロオドル、アンコールわかす、Dance Dance Dance(READY GO!)ですよ。

「(このハイパーMAX勃起状態なら大丈夫だな^^)」

で、少しばかり世間話をしてから、自主的にボトムスとヒートテックタイツと下着を脱いで下半身を露わにすると、本格的なプレー(※手コキあるいはフェラチオ)への移行を促したのです…。

そうですねー、結果から申し上げますとイケませんでした。

ええ、またしても射精できませんでした。
ノーマネーならぬ、ノーシャセーでフィニッシュです。

いやね、ペニスを咥えられた当初はこれ、すぐにイッてしまうと思ったんですよ。フェラテクはやはり圧巻ですし、こちらも意図して2日も溜めてきましたから。しかし、どうしたことでしょう。時間の経過と共になぜかペニスが萎んでいくではありませんか。

膣内に指を入れてその淫靡な感触を味わったりとか、咥えてもらったまま体勢を変えてパイパンマンコをダイレクトに鑑賞したりとか、耳を舐められながらの手コキをお願いしてみたりとか、僕は萎みゆくペニスに対して色々と抵抗を試みました。彼女も協力してくれました。しかし、そのままハイパーMAX勃起状態に戻ることはなく、遂に万策も尽きて――。

昨年9月はピンサロ自体よくわからないままONDに連れてこられ、さらにアルコールも摂取していた。そう、原因ははっきりしています。仕方がない、あれは仕方がない。だからこそ、今回はパーフェクトリベンジを果たさんと、ピンサロという風俗の成り立ちを一からきちんと学び、ノンアルコールは勿論、2日間のオナ禁までしてきた。油断も慢心もなかった。でも、だけど、されども、僕はイケなかったのです。射精することができなかったのです。

一体、何がダメだったのか。

思い当たるものとしては、まあ、加齢による性欲の衰えですね。ライフワークとしてマスターベーションは欠かさないリーちゃんですが、確かにここ何年かは20代の頃と比較するとそこまで勃ちがよくない。たとえばハイパーMAX勃起状態を10とするならば、それを終始持続できないことはしばしば。近時はむしろ9すらキツい。7~8ぐらいでフィニッシュに到達してしまう。いや、能動的にマスターベーションをこなせるわけだから性欲自体は衰えていない。隠し撮り系NTRの導入部分で抜く、パンスト(ベージュ)が破られる一歩手前のシーンで一時停止して抜く、男の娘(最近は七瀬るいに激ハマリ)で抜く等々、むしろ倒錯したフェティシズム云々を遺憾なく発揮している。ということは、これはフィジカルの問題。つまり、肉体的に衰え始めてきているというアレです。ヤバい。

まあ、出発前までは精力剤によるドーピングも検討していました。折角の機会、念の為にとも。ただ、前もって2日もオナ禁していますし、さらに現場で生身の若い女性に触れれば大丈夫だろうと判断、マイペニスの底力を信じて見送ったのですが…。結果は御覧の有様、やはりドーピングすべきでした。もうアラフォーなんですから。いやはや、ここに油断と慢心がありましたね。

あとはつい先日、仕事関係の懇親会で風俗好きの何人かにこのエピソードを話したところ、意気込みすぎてイケなかったのでは?という意見を頂きました。なるほど、それも一理ありますか。あの時分、僕は確かに意気込みすぎていました。また、それが「(絶対に射精しなきゃ…^^;)」という焦燥感や緊張感等々からなる強烈なプレッシャー引き起こしてしまい、ペニスに対して心理的に多大な悪影響を及ぼしてしまったとも。はい。

まあ、僕よりも年下で性欲旺盛、さらに関東~中部地方の風俗店にまで度々遠征するというNK君ですら、今回のケースのように現場で途中で萎えてしまうことは間々あるとのこと。だからこう、加齢による肉体的な衰えでは決してないと力説されましたが…。

結局リベンジを果たすことができず、身も心もスッキリしないままピンサロを後にした35歳独身。

当初のプラン的には、無事に射精→マップで見つけた美味しそうなカレー屋かラーメン屋で昼食→駅前のエクセルシオールカフェで一服という流れでした。しかし、途中で萎えて射精ができなかったショックからカレーもラーメンも食する気力が湧かず、そのままエクセルシオールカフェに直行。そして、春の陽気を思わせる穏やかな昼下がり、喫煙フロアで失意に暮れながらアイス抹茶ラテを啜っていたわけです。ここでようやく冒頭に繋がります。

「(いやー、萎えるとかマジでないわ。情けない。本当はきちんと射精して『五反田のピンサロでリベンジしてきました^^v』って感じでブログを書こうとしたのに…。参ったな。でも、これもこれでネタにはするけど。タイトルはそうね…イケなかったから"イケない1人"かな。うん、"イケない1人"、これしかない。これでいこう。イケなかったけど。元ネタの漫画は高校の時に読んでたなー。確か、昔ワンダフルでアニメもやってたはず…(※wiki熟読中)…ああ、もう14時40分か。残り240分切ったわ。まあ、もう1本吸ってから次の目的地に行くか。イケなかったけどな…^^;)」


そんなこんなで2月の東京日帰り旅行、五反田ピンサロ編でした。

再々リベンジの可能性についてはそうですねー、現時点では全く考えていません。三度目の正直とはよくいいますが、二度あることは三度あるともいう世の中ですからね。ちょっと躊躇してしまいます。ただ、前述の懇親会で"メガリス"というガチのマジで効くらしい精力剤を貰えたので、それを試してみる機会としてはアレでしょうか。とはいえ、その為にまた東京まで足を運ぶのも大変ですし、伴って経費もアレになってしまいますから、やはり狙うは仙台で女子大生とのオフパコしかない。メガリスでドーピングしたアラフォーチンポで突かれたい女子大生、募集中だぜ!!

さて、失意に暮れたままエクセルシオールカフェを出て五反田駅にリターンしたリーちゃん。山手線の外回りに乗車するはずが誤って内回りに乗車していた等々のアクシデントもありつつ、何とか次の目的地である恵比寿に到着しました。

まあ、恵比寿に到着して以降の足取りはTo Be Continuedということでさしあたり…。

チョコレイトディスコード

フェブラリーですね。

当月のビッグイベントといえば、そこはやはり2月14日のバレンタインデーでしょうか。計算する女の子に期待している男の子、ときめいてる女の子に気にしないふり男の子、はたして皆さんの首尾はいかに…。

まあ、34歳独身で恋人もいないリーちゃんからすればそうですね、バレンタインなんてものとはまったく縁もゆかりもございません。

というか、そもそもが生まれてこの方、そのバレンタインデーたるビッグイベントの象徴ともいえる本命チョコレートすら貰ったことがない。義理という形式ではこれまで幾度も貰っていますが、本命という形式では34年生きててゼロです。ガチのマジで0、ぜろ、零、ZEROです。

いや、嘘偽りなく本当にないんですよ。呼び出されてダイレクトに手渡されたことも、机や下駄箱や自宅の郵便受けの中に入っていたこともない。異性はおろか、同性からもない。だからそう、本命ではない相手から本命チョコレートを貰って逆に困った的なエピソードなんかも持ち合わせていない。もう筆舌に尽くし難いぐらいコンプレックスですよ。今の今まで、本命チョコレートを一度も貰ったことがないというアレが。そして、誰かの本命であったことすらないというアレも。はい。


ナイナイばっかでキリがないのはLEVEL4ですが、とにかく本命チョコレートがゼロという悲惨な人生を現在進行形で送っています。まあ、「言うほどそんなに悲惨か?」と思われるかもはしれませんが、たとえばそうですね、34歳独身で"本命チョコレートがゼロの人生"と"抱いた女の数がゼロの人生"、どちらがより悲惨でパセティックに感じますかね。

世間の大多数はきっと、"抱いた女の数がゼロの人生"を選ぶことでしょう。確かに34歳独身よりも、34歳独身(童貞)の方が字面的にもステータス的にも超悲惨。僕の周辺にも本人が公言していないだけで明らかに童貞の30代が2人いるのですが、両者とも社会性とコミュ力皆無でおまけにメンヘラという。片方は自分の思い通りにいかないとすぐに泣くかキレるし、もう片方は政治的に右寄りで前髪がかなり後退している。なるほど、これはヤバい。童貞マジヤバい。全ての30代の童貞男性が必ずしも一様にこうであるとは限りませんが、エクスペリエンスという部分で非童貞とはだいぶ差が生じてしまう。同じ30代独身でも。ヤバい。

こうなると、本命チョコレートの有無なんて大したアレではないですね…。
しかし、されど、だけれども、金さえ出せば女は抱くことができるじゃないですか。

そう、金で抱ける。1年365日、店舗に行って金を出せばいつでもセックスできる。オプションでケツの穴まで舐めてくれる。すごい。とはいえ、金で容易に解決できてしまうセックスというものは、どうにもフィジカルといいますか、精神的な繋がりをそこまで重視せずに女の肉体と射精の快感だけを追求してしまう側面が強く出てしまう。だから、それはたとえば三木道三のライフタイムをリスペクトする曲にあるような一生一緒にいたいと思えるパートナーとの愛のあるセックスとは違うし、いざセックスをしてもアマチュア的には結局童貞のまま。でも、いいじゃないですか。女なんて抱こうと思えば好き放題抱けるんです。金で。マネーで。はい。そして、金は出さずにアマチュア希望という御仁にはレイプという選択肢もありますし、世の中なんとでもなりますよ。

ということで、金と気分次第でどうとでもなる"抱いた女の数がゼロの人生"よりも、金と気分次第ではどうにもならない"本命チョコレートがゼロの人生"の方がマジで悲惨。

バレンタインデーは年に1度しかありません。だから1年365日、営業さえしていれば本番可能な特殊浴場やタイミングさえ合えば性交可能なレイプとは訳が異なる。伴って本命チョコレートの出番も年に1度、2月14日のみ。ただし、カレンダーの関係で14日が土日だったりしますと、ちょっと早いけど…とか、ちょっと遅くなったけど…とか、その前後にイレギュラーが発生することもありますが。でもまあ、そうしていざ無事に貰うことができれば万々歳ですが、そこで貰えなかった場合には翌年まで待たなければなりません。自分への本命チョコレートを。それで翌年も貰えなかった場合には翌々年、さらに翌々年も貰えなかった場合には翌翌々年、それまたさらに翌翌々年にも貰えなかった場合は翌翌翌々年――そんな積年のルサンチマンのなれの果てこそが、現在の僕なんですよね。

あとはこう、やはり本命チョコレートたるものは相手への好意や愛情の具現化というか、渡す側に確たる恋慕とか恋心とかがあってこそ自発的かつ能動的にアレされるものであって、本当にそれはこちらがどれだけ金を出したところでどうにもならないじゃないですか。買えないんだよ、本命だけは。つまるところ、"本命チョコレートがゼロの人生"とはそういうことです。誰からも愛されたことがないし、また好かれたこともないという悲惨なエビデンス…。


ええ、中古肉便器の女子大生からも貰えませんでしたよ。あの2010年の2月14日時点で僕はもう"本命"ではありませんでしたからねー。以前にもお話した気がしますが、2010年の1月下旬頃に「資格の勉強が云々」とか「関係を見直したい云々」とか理由つけられて、一旦僕との距離を置きたいと言われたんですよ。女子大生に。僕としてもまあ、女子大生のセルフィッシュな人間性等々から男女交際自体に若干気疲れしてもいたので、時期的に丁度いいアレだなと思って了承しました。で、結果としてそのまま破局と相成りましたが、オマエその距離置いている間にmixiで新しい男(田舎のクソミュージシャン崩れ)と知り合ってさー、乗り換えてさー、本当クソだわ。今でもはらわたが煮えくり返る。3月9日に2ヶ月ぶりに会って別れ話をした時にも、なんか僕が一方的に悪いみたいな言い分で被害者ぶられましたけど、こっちだって相当我慢して付き合ってたんだぞボケが。うんざりするぐらい元カレとのエピソードを聞かされて、ケーキ食べたいとか指輪欲しいとかバッグ欲しいとか要求にも応えて、確かに僕にも甲斐性たるものがなかったかもしれませんが、そうやって意図せず精神的なストレスを与えてきたのはそっちじゃないのか。性処理以外に役に立たない売春婦以下の使用済み中古肉便器の分際で何様のつもりなんだよ。大体さー、何が楽しくて元カレとのエピソードを披露するのか。いや、交際する前なら許容できますよ。ただ、交際してからも継続的に行う神経が理解できない。1人や2人の比ではない元カレにチンポ突っ込まれすぎて頭イカれちまってんのかおい。「郡山のそこのショップ、元カレと行ったことあるよー」。「(大学まで迎えに行った帰りに)ここのマンション、元カレ住んでるんだー」。「このユニクロのフリース、持ってたけど元カレの部屋に置いてきちゃった♪」。「(デート中に)元カレに返して貰うものがあるから、ちょっと取りに行ってくるね!」。「このバンド、元カレに教えて貰ったんだけど、すっごくカッコいいから聴いてみて!」。「元カレには私の料理、味が薄いって言われたw」。「私キレるとすごい方言出て訛るんだ-、元カレが浮気して喧嘩した時にもね…」。「今度元カレのバンドのライブがあるんだけど、一緒にどうかな?(※行きませんでした)」。「元カレには誕生日プレゼントあげたのに、私は誕生日来る前に別れちゃったから貰えなかったんだよね!なんか悔しいなあ、贈って貰おうかなw」。「元カレ童貞でー、初エッチで『(女性器を)舐めていい?』って言われた時は今まで舐められたことなかったから『舐めなくていいよ!?』って断ったんだけど、今回こうやってリーくんに舐めてもらって嬉しかった…!」。「元カレは正常位で首絞めてくれたのに…」。いやいやいやいやいや、これでストレス溜めるなって方が無理難題でしょ。そういった性癖でも持っていない限り無理無理無理無理蝸牛でしょ。そもそもが交際開始当初に「リーくんが嫌だって言うならしないけど、付き合ってても元カレの話してもいいかな?」とかわざわざ訊いてきたからアレですね。バカじゃねーのかコイツ。そんなことすら自分の頭で判断できない。もはや小学生以下のおつむ。どうしてこう、相手の立場になって考えられないのか。僕から「(中略)付き合ってても元カノの話してもいいかな?」とかわざわざ訊かれたらどうですか、絶対拒否するでしょ。すげー不愉快でしょ。何でわからねーのよ。まあ、正面切ってNOと言うことができず、それを許諾してしまった僕にも非はありますけれど、さすがに頭おかしいですよね。こんなんだから中古肉便器呼ばわりされるんだよ。クソが。でも、出会ったきっかけとなったmixiのメッセージ自体が「音楽を教えてくれた彼氏と別れて何を聴けばいいのかわからなくて云々」でしたから、もう仕方がないんですねこれ。ハードラックとダンスっちまったと思うしかない。しかし、僕もそうですよ、来月で別れてから9年。その間、彼女はいない。できない。作れない。やはり、殺害しないとダメなのかもしれません。僕がハッピーライフを取り戻すためには、女子大生の存在そのものをこの世から物理的に消滅させないと。ただ、レイプ→殺害→レイプ→四肢切断→焼却処分だとこれ、過去の判例から見ても確実に主文後回し。「甚だ身勝手で残虐極まる犯行、被害者には何の落ち度もなく、社会に与えた衝撃や重大性を考慮しても極刑をもって臨むのが相当―」。リーちゃんの命の輝きが見られますね。そういえばリアルガチで殺害された女子大生の件については、被害者の名誉と尊厳のために暈しているというか隠匿しているというかな報道姿勢がアレですね。東京在住で彼氏のいる女子大生が、茨城の太平洋沿岸の都市まで遠路はるばる足を運んで、ネットで知り合った男性と金銭トラブル…。んー、お察しするしかない。まあ、容疑者も容疑者で35歳であの髪型ですからね、前科があるとはいえ一体どんな業の深い人生を送ってきたのか。僕もあと数日で35歳になりますが、そう、35歳になりますよ。リーちゃんもついにアラフォー突入です。ヤバい。そして、何の因果かバレンタインデーの翌日がバースデーときました。毎年のように本命チョコレートゼロという失意を味わいながら、その翌日にバースデーを迎えて無駄に年齢だけ重ねてきたのです。泣けます。だからこそ、今年も派手に自分へのプレゼントを贈りますよ。年末年始に調子に乗って使いすぎたせいで控えていたクレジットカードも、締め日の関係でバースデーの翌日からまた豪快に使えるようになるので、タイミング的にもばっちりというね。まず第1弾がCOMESANDGOESの新作キャップ、第2弾でとりあえずまだ決めかねていますがnonnativeの新作アウター、さらに第3弾としてKANEKO OPTICAL辺りでメガネを新調予定です。ええ、トリプルコンボで派手に祝いますよ。待ってろ35歳。それでメガネといえば、3月9日に2ヶ月ぶりに会って別れ話をした時に言われたんですよ。「リーくんの誕生日にメガネ買ってあげるって言ってたけど、もう誕生日すぎてて今更になっちゃうし、私も今月引っ越しとか色々忙しいから4月とか5月になるかもしれないけど、リーくんが欲しければ一応プレゼントはするよ?」って。無論、丁重に断りました。要らねーよボケが死ね。そっちは強欲を絵に描いたような中古肉便器だから、プレゼントであれば今カレも元カレも関係なく要求して頂戴するんだろうけど、僕はそこまで卑しい人間ではありませんからね。服でも装飾品でも貴金属でも、自分で身につけるアイテムは自分で金を出して購入したいスタンスでもあるので、他者にそれを無理に要求することはしないのです。↑の女子大生の発言と矛盾していますが、「リーくん、誕生日プレゼントは何が欲しい?」と聞かれて、「(特にないけど…)メガネとかいいかも^^」と曖昧に返答したらば、いつの間にか中古肉便器の中で正式に決定していただけです。要求していません。そうなんですよね、僕は誕生日プレゼントなんかよりも本命チョコレートさえ貰えることができれば十分だったのです。自分で買えるものは自分で買うから、自分で買うことができない本命チョコレートが欲しい――。ただ、それだけです。


ということで、計算も期待もない僕のチョコレイトディスコードでした。

ディスコード=Discordですね。意味は不一致、不和、対立、仲違い等々。まさしく僕にぴったりの単語ですよ。34年間のどこかで本命チョコレートの1つでも貰うことができていれば、今頃まだ多少は穏やかに過ごせていたのかなとも。

そして当然、恨むべきは女子大生ですよ。↑で実際に聞かされた元カレとのエピソードの数々を紹介していますが、きっとこれ、当の本人は覚えてすらいませんよ。記憶の片隅にもないでしょう。そもそも根本的に思慮が不足しているとして、たとえば虚言癖みたいに無意識かつナチュラリーに発していたアレだったとも思うので。病気です病気。

ちなみに、現在の女子大生の動向は全く知りません。2013年の5月に友人が目撃したぐらいで、まあ、僕としても知らなくていいです。SNS中毒で承認欲求が強すぎる激安淫売中古肉便器ですから、名前か誕生日か出身地か好きなバンドorフェスでサーチすれば一発で判明するでしょうけれど、そうしたらやっぱり対決の日が来てしまうじゃないですか。対決の日。タイトルの元ネタ内の歌詞とは違う意味での対決の日が来ちゃうじゃん。そんなの。知ってしまったら。

とりあえずバレンタインデーの翌日から"34歳独身彼女なし"→"35歳独身彼女なし"に表記が変わります。よろしく。